【転職エージェントとは】転職サイトと比べてわかった転職エージェントのメリット・デメリッ

終身雇用制度から成果主義に変わりつつある日本ですが、転職を行い収入や待遇をステップアップさせる考え方も同時に浸透し始めています。また、その他にも現在の職場環境や人間関係で問題が生じているため、転職を検討している方も多いでしょう。

どちらにしても転職を検討しているのであれば、早い段階で準備を始めるのがおすすめです。

そして転職方法といえば、一般的に転職サイトもしくはハローワークを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ハローワークは、各自治体に1つは設置されている職業紹介所で、失業保険などの手続の際にも利用します。そして転職サイトは、民間企業が運営している求人サービスのことで、各サービスによって業種や勤務場所などについて特徴があります。

転職活動を始める上で、前述の2サービスを利用するのも問題ありませんが、もう1つ転職エージェントについても利用を検討してみませんか。

転職エージェントは、掲載されている求人を自分が探して応募する方法と違い、アドバイザーによる最適な求人紹介を受けることができます。

様々な理由で転職を検討している方に向けて、転職エージェントとは何か、その概要をはじめ転職サイトと比較して分かったメリットとデメリットについても解説していきます。

転職エージェントとはアドバイザーが求人を紹介するサービス

転職エージェントとは、サービスを運用している企業の担当者であるアドバイザーが、利用者に向けて最適な求人を紹介します。ですので、様々な点で転職サイトとは違いがあり、利用方法についても注目です。

転職エージェントのメリットやデメリットを知る前に、概要や利用方法、主な特徴について覚えておきましょう。

転職エージェントの概要

転職エージェントとは、利用者(労働者)に対して人材紹介を含めた、転職活動をサポートするサービスの総称です。転職サイトと似ていますが、求人の掲載や応募の仲介といった手続きのことではありません。

専門のアドバイザーが、転職エージェント登録者の担当としてコミュニケーションを取りながら求人の紹介などの対応を行います。

また、転職エージェントに登録すると、同サービス企業と面談を行います。面談の理由は、自身の得意分野や強み、これからのビジョンについて情報共有することで、最適な求人や新たな強みを見つけてもらうためです。

キャリアカウンセリングとも呼ばれる面談ですが、基本的に登録後最初に行われる手続になります。

転職エージェントの利用方法

転職エージェントとは、単に掲載された求人を自身で選び、応募するサービスではないため、転職サイトと仕組みが異なります。

以下に転職エージェントの利用方法を、ステップごとにご紹介していきます。

転職エージェントを利用した転職の主な流れ

1.転職エージェントに無料登録(氏名や住所など基本情報を入力)
2.登録手続完了後、転職エージェントのアドバイザーと面談(キャリアカウンセリング)を実施
3.アドバイザーがキャリアカウンセリングによって整理した情報を基に、最適な求人を適宜紹介
4.登録者が紹介された求人に応募することを了承後、アドバイザーが掲載企業と面接等の準備に入る
5.アドバイザーのサポートを受けつつ履歴書と職務経歴書の作成を進め、書類を提出
6.書類審査通過後は、アドバイザーと面接対策に入る(何度か模擬面接を実施、修正点のアドバイスなどを受ける)
7.面接当日
8.内定決定の通知後、現在勤務している企業の退職手続を進める
9.入社後も数ヶ月から数年スパンで、アドバイザーなどがフォローやサポートの連絡やヒアリングを受けることもある

このように転職エージェントは、登録から入社後まで密接にサポートする点が大きな特徴です。

キャリアカウンセリングによるスキルや性格など様々な情報を整理・分析したのち、求人紹介するため1人1人に合った転職活動を進められます。また、面接や履歴書などの対策もサポートしてくれるため、面接でつまずいている方にとっても解決策に繋がるでしょう。

転職エージェントの選び方

転職エージェントサービスは、様々な企業が運営しているため、選び方について悩むことも多いのではないでしょうか。

やみくもに選んでも自身の得意分野と合わない業種に特化した、転職エージェントに登録してしまう可能性があります。

ですので基本的なポイント3つを把握しておきましょう。

サービスの範囲や充実さ

転職エージェントを選ぶ時は、サービス内容やサポート範囲について十分な体勢を確保しているか確認しておきましょう。

転職エージェントに登録後、キャリアカウンセリングの内容が薄く、求人紹介の回数も少ないといった対応をされてしまっては時間の無駄になります。

公式サイトのサービス内容はもちろんですが、口コミや評判からアドバイザーの対応やサポートについて調べることも大切です。

アドバイザーの技術や専門性

転職エージェントを利用する上で、アドバイザーの専門性も重要なポイントになります。登録後、アドバイザーの指導を受けたり企業との対応をしてもらったりするため、転職活動に大きな影響です。

また、特に注目すべき点は、アドバイザーが業界の事情について深く精通しているかどうかになります。転職先企業がどのようになるのか、アドバイザーの対応で大きく変わるので、実績のある転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

どの業種に特化しているか

転職エージェントごとに、得意としている業種や分野は異なります。そのため、自身が転職したい業種について対応が難しい転職エージェントサービスを選ばないことが必要です。

多くは転職エージェントの公式HP内の業種ごとに、ページが分かれているので自身が転職したい業種にアクセスし、どのような求人を紹介しているのか確認できます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントには、いくつかの利用メリットがあり転職サイトは違ったメリットもあります。これから転職活動を始める方は、転職エージェントのメリットについても確認した上で、現在利用するべきかどうかを判断しましょう。

転職エージェントは、転職活動に関する書類手続などもサポートしてくれるため、現在勤めている仕事が忙しい方にもおすすめです。

転職活動に関する悩みや疑問点を直接相談できる

転職活動で不安になる点といえば、現在の転職活動やビジョンなどについて1人で抱えてしまいがちになるところです。ハローワークでは、窓口で直接疑問点などを聞くことができるものの、必ずしも各業種について深く精通している訳ではありません。

転職エージェントの場合は、各業種に精通した専門のアドバイザーが自身の担当となり、面談などであらゆる不安や疑問点に対応してくれます。また、自身では気づかなかった強みや弱みについても、冷静に分析してくれるため不安を取り除くことが可能です。

異業種への転職や、スキルについて悩んでいる方は、転職エージェントにてアドバイザーからサポートを受けながら相談してみることをおすすめします。

非公開求人も用意している

転職エージェントの求人には、公開求人と非公開求人と呼ばれる2パターンを用意しています。公開求人は転職エージェントサービスに登録していない方も閲覧できますが、非公開求人は転職エージェントサービスにしか紹介されていない求人で、登録しなければ確認できません。

非公開求人とは、ハローワークや無料雑誌や新聞紙に掲載されている求人には掲載されていない求人です。ですので希望の条件に合った求人を、見つけやすくなるメリットがあります。

また、非公開求人の中には、大手企業が特定のスキルやキャリアを持った人材を探している内容の求人もあるため、キャリアアップにも大きなメリットです。

面接日程やスケジュール管理の調整をアドバイザーが代行してくれる

転職エージェントと転職サイトの違いでもあるのが、スケジュール管理や面接日程の調整や企業との対応など、転職活動に関わる事柄を代行してくれる点です。

転職サイトの場合は、求人の掲載や面接日程の調整などは行ってくれるものの、その他キャリアカウンセリングなどのサポートは行っていません。ですので、基本的に自身で準備や対策を行う必要があります。

しかし転職エージェントであれば、キャリアカウンセリングによってスキルやキャリア、正確などを分析し、転職者に合った求人を紹介してくれます。そして、面接を受けると決めたら、アドバイザーが求人元の企業と日程調整など各種対応を行います。

更に転職先企業に入社後も、定期的にアドバイザーなどから現在の状況についてご連絡・サポートしてもらえるのが特徴です。

企業の職場環境などを知ることができる

転職エージェントの利用メリットであり、転職サイトとの違いの1つが求人だけでは分からない情報も把握できるところです。

転職サイトやハローワークの場合は、求人掲載まで行いますが企業の内情や職場環境について情報共有できません。そのため、転職後に求人と状況が大きく違って、後悔してしまうケースになることもあります。

転職エージェントは、アドバイザーなどが求人元の企業担当者と打ち合わせや、求人の条件策定などについても相談するため、実際の状況について知っていることが多いです。そのため、求人情報だけでは分からない職場環境や、社風についてアドバイザーから聞くことができます。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントには、転職サイトとは違ったメリットがある一方で、デメリットもいくつか存在します。そのため、デメリットを知らないで利用してしまうと、思い描いていた転職活動ができない可能性もあるため注意が必要です。

未経験分野の求人紹介はされにくい

転職活動を行っている方の中には、異業種への転職を希望していることもあるでしょう。しかし転職エージェントは、内定を決めることがノルマでもあるため、経験のある業種でなければ求人紹介が難しいです。

また、求人の募集条件も経験者を求めていることが多く、異業種=未経験者を採用してもらいにくい事情もあります。

キャリアやスキルなど条件が厳しいことも多い

転職エージェントの中には、一定のキャリアを積んだ方や、資格やスキルを持っている方など、登録の条件が厳しいことも多いです。そのため、現時点で条件に達していない場合は、別の転職エージェントを探すか、転職サイトも併用するのがおすすめでしょう。

また、転職エージェントを探す時は、今の自分のスキルやキャリアで登録できるサービスがないか、複数のサービスから比較検討すると効率が良いです。

アドバイザーの経験によって良い求人の見つけやすさが変わる

転職エージェントで良い求人に巡り合うためには、自身のスキルやキャリア、登録後に条件に合った求人が出されるなどタイミングも関係しています。しかし、他にもアドバイザーの力量も大きく影響している点に注目です。

転職先の業界について知識が少ない場合や、アドバイザーとしての経験年数が浅い場合、自身に合った求人があったとしても紹介されない可能性もあります。

ですので、転職エージェントに登録する前に、口コミや評判を調べておきましょう。

転職まで時間が掛かりやすい

転職サイトやハローワークと比較して、転職エージェントは転職まで時間が掛かりやすいデメリットもあります。

転職サイトやハローワークは、面接日程の調整などある程度代行してくれますが、求人検索や応募自体は自身で進めます。そのため、転職活動自体は、最短で1ヶ月以内に完了可能です。

しかし転職エージェントは、常にアドバイザーが間に立って企業と転職者のやり取りを仲介・サポートするため、転職までに時間がかかってしまいます。

また、キャリアカウンセリングや、面接対策など転職に向けた関連作業も行うため、1ヶ月以上掛かるケースもある点に注意しておきましょう。

転職エージェントと転職サイトを比較

転職エージェントと転職サイトは、一見すると同じようなサービスに感じている方もいるのではないでしょうか。しかし、どちらも仕組みや特徴などについて違いがあるため、利用する前に把握しておくことが大切です。

転職活動を自身が主体となって行うのが転職サイト

転職エージェントと転職サイトの違いは、転職活動の活動範囲です。転職エージェントは、担当者であるアドバイザーが求人紹介から、面接日程の調整や企業との連絡など総合的にサポートします。

一方転職サイトは、求人掲載はしているものの、求人を選び応募手続を行うのが基本です。

このように求人探しから面接までの作業について、幅広くカバーしているのは転職エージェントで、自身が主体となって活動するのは転職サイトになります。

転職に関する悩みなどを相談できるのが転職エージェント

転職活動中に将来のビジョンや、キャリアアップについて悩むことも多いです。そのような時に相談できるのが転職エージェントになります。

転職エージェントでは、電話やメールでアドバイザーに対して相談できるだけでなく、直接面談を設定してもらうことも可能です。その場で解決しなければいけない場合は、面談で悩みを相談してみるのがおすすめでしょう。

一方転職サイトの場合は、アドバイザーのような担当者がいないため、個別に対応してもらえない点に注意です。

転職エージェントとは担当者が個別にサポートしてもらえるサービス

転職エージェントと転職サイトを比較すると、履歴書や面接に不安がある方や転職に関する相談をしたい方にとって転職エージェントが合っています。

転職エージェントは、アドバイザーと呼ばれる担当者が付くため、求人紹介から日程調整はもちろん、キャリアカウンセリングまで対応してもらえるのが大きなメリットです。

しかし、異業種など未経験業種への転職は難しい求人が多いため、異業種への転職を希望している方や、求人を自身で探したい方にとってはデメリットでもあります。

どちらが優れているということではなく、どのような転職を理想としているのか、幅広くサポートしてもらいたいのか整理した上で、転職エージェントに登録しましょう。