『仕事が覚えられない人』は必見!あなたの悩みを解決する10個の対処法とは!?

仕事が覚えられない時にはどうしたらいいのか悩んでしまうことがありますよね。仕事が覚えられない人の特徴や対処法を知って解決していきましょう!

仕事が覚えられないとは?

どうしても仕事が覚えられない…そんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?特に、仕事を始めたばかりの新人社員に多い悩みだといわれています。

仕事がうまくいかないと自分に嫌気が差してしまったり、仕事をするのがイヤになってしまう前に、仕事が覚えられない特徴や対処法を知って解決していきましょう。

仕事が覚えられない新人の特徴10選

1.なんでも無理やり覚えようとする

仕事が覚えられない人は、効率の良い覚え方を知らないことがあります。やみくもに覚えようとしても、頭の中で整理ができなかったり、すぐに忘れてしまうことがあります。

自分がいちばんわかりやすい方法をとることが一番ですが、うまくいかない時には、覚え方が間違っているのかもしれません。まずは、自分にとって分かりやすい仕事の覚え方を知ることが大切です。

2.プライドが高い

プライドが高い人は、人に教えてもらうことや、質問することを恥ずかしいと思うところがあり、わからないことがあっても聞かないことがあります。

そのため、仕事が覚えられなくなり、ミスを繰り返してしまうことがあります。プライドを持つことは大切ですが、過剰すぎると仕事がしにくくなったり、余計に恥ずかしい思いをすることになるので気をつけましょう。

3.コミュニケーションが苦手

人と話すことが苦手だったり、声をかけることに消極的な人は、上司や先輩ともコミュニケーションがうまく取れずに仕事が覚えられないことがあります。わからないことがあっても、コミュニケーションを取るのがイヤで、そのままにしてしまうこともあります。仕事を覚えるためには、しっかりとコミュニケーションを取って意思の疎通をとることが大事です。

4.言われたことしかやらない

仕事が覚えられない人は、言われたことしかやらないことがあります。言われたことが終わったからといって、ぼーっとして過ごしている人は、仕事を覚えるチャンスが少なくなってしまいます。

自分から仕事がないか声をかけたり、自ら仕事を探して動いている人は、やらない人よりもいろいろなことを経験することができるため、仕事を早く覚えることができます。

5.気が利かない

目配りや気配りができている人ほど、仕事ができるといわれることがあります。気が利かない人は、相手が求めていることや、やってほしいことがわからないため、仕事もきちんと理解できないことがあります。上司や先輩が今何を求めているのかを理解できれば、仕事を覚えていくこともできるでしょう。

6.大雑把

大雑把な人は、丁寧な仕事ができないため、覚えることも中途半端になりがちです。指示をしても、「これくらいでいいだろう」と勝手に変えてしまうことがあったり、自分が面倒でない方法をとってしまうことがあります。

また、せっかくとったメモをどこかに置いてきてしまったり、資料の置き場所を適当にしてしまい、元の場所を忘れてしまうこともあるでしょう。大雑把な態度は上司や先輩の目にも付きやすいので注意するようにしましょう。

7.仕事に対してやる気がない

そもそも仕事に対してやる気がない人は、仕事に身が入っていないため、教えたことも覚えられないことがあります。新人社員の場合、学生気分がまだ抜けずにいることがあります。仕事が覚えられないことで、さらにやる気がなくなってしまうこともあるため、仕事をやめてしまう人もいます。社会人として責任を持って仕事をするようにしましょう。

8.分からなくてもそのままにする

仕事が覚えられない人は、教えられたことや指摘されたことに分かったふりをしてしまうことがあります。もう一度聞いて怒られるのがイヤだったり、とりあえず時間をやり過ごそうとしてしまい、結局ミスをして怒られたり、時間がかかってしまうことになります。

分かったふりをすることは、自分のミスを生むだけでなく、周りの仕事を増やしてしまうことにもなるのでやめましょう。

9.意識が低い

いつもぼーっとしていたり、仕事に対して緊張感がない人は、仕事を覚えられないことがあります。ミスをしても誰かが助けてくれると思っていたり、責任を持ちたくないという気持ちでやっていると、いつまでたっても仕事は覚えられません。

緊張感がない人には、仕事を任せられないと上司や先輩に判断されてしまい、評価が下がってしまうこともあります。緊張感は態度でわかるものですので、しっかりと大人として自立するようにしましょう。

10.相づちや返事が適当

人が話をしている時に、相づちを適当に打っていたり、返事をしない人は話を聞いていないことがあります。あとから聞けばいいやと思っていたり、話が早く終わらないかなと集中していないことがあり、話を理解しようとしていないからです。

また、しっかりと相づちを打ったり、返事をしているつもりでも、相手に伝わっていないことがあります。人が話をしている時は、しっかりと目を見て、相手にも理解しているかどうかを意思表示することが大切です。

「ちゃんと話聞いてる?」と注意されたことがある人は、相手に不快な思いをさせる返事のしかたをしているかもしれません。「ちゃんと聞いてるのに…」と不満に思う前に、自分の態度を振り返ってみましょう。

仕事が覚えられない人の悩みって?

ストレス

仕事が覚えられないことで、ストレスを抱えてしまうことがあります。精神的なストレスがひどくなると、会社に行くのがいやになったり、人と接するのが怖くなってしまうこともあります。ひどい場合だとうつ病を引き起こすことがあるので、上手にストレスを発散することが必要です。

適度に運動をしたり、趣味の時間を作って上手にリフレッシュするようにしましょう。仕事に慣れてくればストレスも少なくなってきますが、どうしてもうまくいかない時には、上司や先輩に相談したり、職場以外の人に話を聞いてもらうようにしましょう。

職場での人間関係がうまくいかない

仕事が覚えられないことから、同僚たちとの距離を感じてしまったり、上司や先輩に話しかけるのを躊躇してしまうことがあります。職場の雰囲気に馴染めないと悩んでいる人は、自分から話しかけにくい空気を出していることもあります。

自分に自信がなくなっていくと、ますます仕事を覚えることにプレッシャーを感じてしまうことがあるので、リラックスするようにしましょう。

ミスの対処ができない

仕事が覚えられないことで、ミスをした時にちゃんと対処ができないと悩んでいる人もいます。新人社員だけでなく、ベテランでも仕事のミスはしてしまうことはありますから、自分だけができないと思わないようにしましょう。ミスが起きたら、自分だけでなんとかしようとせずに、人に頼ることも大事です。

迷惑をかけてしまう

仕事が覚えられないことで、周りに迷惑をかけてしまうと悩む時もあります。特に、分からないことがあった時に、質問しすぎているのではと躊躇してしまうことがありますが、質問をせずにいると、余計に迷惑をかけてしまうこともあります。

分からないことがあった時には、すぐに質問をして、解決するようにしましょう。初めのうちは迷惑とは考えないようにして、上司や先輩に頼ってみましょう。早く独り立ちすることが何よりも大切ですよ。

上司が苦手

仕事が覚えられない理由として、上司が苦手だからあまり関わりたくないという人もいます。上司が厳しかったり、偉そうでイヤだと感じることもあるでしょう。しかし、仕事をする上では、上司の指導は必要なものです。

なるべく関わりたくない時には、他の先輩や同僚に教えてもらうこともできますが、今後も一緒に仕事をしていく相手ですから、なるべく会話をして慣れていきましょう。相談しやすい先輩に対応の仕方を聞いてみてもいいですね。

仕事が覚えられない時の10個の対処法

メモをする習慣をつける

仕事を覚える上で基本なのがメモを取ることです。頭で覚えようとしてもすぐに忘れてしまうことがあるので、大事なことだけでなく、ちょっとしたこともすぐにメモを取るクセをつけるようにしましょう。

メモを取ることで、いつでも見返せますし、同じ事を何度も質問しなくなるので、上司や先輩に頼ることも少なくなります。また、メモを取っている姿を相手に見せることで、覚えようと努力しているということが伝えられ、評価も上がってきます。

話をきちんと聞く

相手の話をきちんと聞くことは、仕事を覚えるだけでなく人間関係を築くためにも大切なことです。相手の目を見なかったり、他のことをしながら適当に話を聞くような態度をとっていると、仕事を覚えられないだけでなく、印象も悪くなります。相手の目を見て、しっかりと返事をするようにしましょう。

疑問はその場で解決

些細なことでもいいのです。分からないことはその場で質問し、すぐ解決する習慣をつけていくことが大切です。そのままにしてしまうと、結局いつまでも分からないままですから、ミスにつながってしまいます。その方が周囲は迷惑してしまいます。そして、分かった時は当然すぐメモをして、次にまた同じことを聞くことがないようにしましょう。

プライドは封印

今は仕事を覚える時期と割り切り、素直な態度ですべてを吸収する努力をしていきましょう。プライドが高く、教えてもらうのはイヤだという気持ちは、今は封印しておくべきです。素直な人と、何かにつけて言い返してくる人だったら、誰でも素直な人と一緒に仕事をしたいですし、素直な人には丁寧に仕事を教えようと思うものです。

「申し訳ありませんが、これが分からないので教えてください。」この一言が、これから先ずっと続いていく仕事の、吸収率を高めてくれます。素直になることで周りとも親しみやすくなり、人間関係も変わってくるかもしれませんよ。

自信過剰になりすぎない

自分に自信があるのは悪いことではありませんが、仕事場では時にその自信は邪魔になります。誰でもミスをします、それは仕方がないことです。しかし、あまりに自信がありすぎると、自分のミスを認められなかったりして、さらなるミスに繋がることもあります。

誰でも仕事を覚えるまでは苦労するものですから、メモを取ったり、人に頼ることを恥ずかしいと思わないようにしましょう。

明るく元気に対応する

明るく元気に対応することで、仕事を教えてくれる人にも印象を良くすることができます。仕事を覚えたいという気持ちが伝われば、相手ももっと分かりやすいように伝えてくれるかもしれません。仕事に意欲的な人の方が、教える側もやりがいを感じますよね?返事もハキハキと答えて、ミスをしても落ち込みすぎずに前向きに対処していきましょう。

気配りをする

自分のことだけでなく、周りを見て気配りをすることも必要です。初めのうちは与えられた仕事だけでいっぱいいっぱいになってしまうでしょうが、仕事が早い上司や先輩に気を配ることで、どのように仕事をしているかもわかるようになります。自分ができていなかったことや、無駄に動いていたことがわかるようにもなるので、参考にしていきましょう。

仕事へのモチベーションを上げる

仕事にやる気がないと、仕事を覚える気力もなくなってしまいますよね?まずは仕事へのモチベーションを上げて、仕事を覚えることを楽しむようにしましょう。

目標を立ててみたり、一日の行動や、その日にできたことを記録していくと、自分の成果がわかりやすくなりますよ。他の人と比べると競争心だけが強くなってしまうこともあるので、自分だけの目標を作るようにするといいですね。

自分から仕事を探す

与えられた仕事だけでなく、自分から仕事を探すことで、いろいろな仕事を早く覚えることができます。言われたことだけやっていると、それだけで満足してしまうので、率先して仕事をしていくようにしましょう。ただ次々とやるだけでなく、ひとつを覚えたら次にいくようにするといいですね。

しっかりと復習する

教えられたことや、一日の行動をメモに取ったら、その日のうちに復習しておくことも大事です。わかったつもりでも頭に入っていないこともあるので、覚えているかを確かめてみるようにしましょう。復習をしておくことで、次の日の不安もなくすことができるので、同じミスを何度も繰り返してしまうことも少なくなるでしょう。

まとめ

仕事が覚えられないと悩んでいる時には、何をやっても不安に感じてしまうことがあります。自信過剰になってしまうのはいけませんが、自信がなさすぎても上手くいかなくなってしまいますよね。教えられた事を忘れないためにも、確実に覚えるようにメモを取って、着実に勉強をしていくことがいちばんでしょう。

ストレスが溜まってしまったり、不安になってしまう時には、人に頼ることも大事です。仕事が覚えられないうちは、上司や先輩、同僚たちに助けてもらうようにしましょう。