「人生をやり直したい。」そんなあなたが知るべき前に進む8つの方法とは!?

あぁ…もう嫌!人生をやり直したい!!と思うときってありますよね?でも、具体的に何から始めれば良いのかわからない人も多いはず。そこで今回は、最新の心理学や脳科学を基本とした「誰でも人生のやり直し」ができる方法を8つまとめました! 

人生やり直しの方法1【依存や甘えをやめる】

人生をやり直すためには、あなたが「依存している対象」に気づく必要があります。なぜなら、心理学では自立や精神的な成長を妨げる原因として、依存症が指摘されているからです。お酒やタバコなどが、やめられない物理的な依存も問題ですが、人生をやり直しする場合には「人に対しての依存・甘え」に気づくことが、成功のカギとなります。

「人生をやり直したい!」という願いは、「今の現実が、このまま続くのは嫌!」という思いでもありますよね。しかし、今、あなたの前に展開されている人生は、過去の思考・言動・行動の積み重ねにより現実となっているのです。当然ですが、人生をやり直すためには、今の現実を変化させる覚悟が必要です。

しかし、いくら「今の現実を変える!」と覚悟していても、あなたが友人や恋人、そして家族に甘えていたり、頼ってばかりの行動を繰り返していると、難しい場合もあります。それは、人に依存することにより行動力が鈍ってしまうから。

人に対する依存の根本的な問題は、「自分の人生の責任を相手に背負わせること」といわれています。まさに「人生をやり直す!」という前向きな思いと反対の心理になってしまうのです。自分が「誰に?」「何を?」を頼っているかに気づき、依存をやめることが充実した人生の第一歩になるのです。

point【甘えている人に気づくことが大切】

人生やり直しの方法2【マインドマップでまとめる】

人生のやり直しには、悩みや不満を「マインドマップ」などを使用して具体的にすることがおすすめ。マインドマップとは脳の仕組みを利用し、効率的に情報を整理できる思考法として有名です。箇条書きなどで、潜在意識に眠った感情をほりおこすことも有効ですが、ひらめきの回数・スピードの点でマインドマップはすぐれています。

モヤモヤした気持ちのまま「人生をやり直したい!」と心底、思っていても現状の問題点が把握できていなければ、現実を変化させることはできません。しかし、逆から考えれば「何が問題となり人生をやり直したいのか?」という自分自身に対する疑問に答えることができれば、現状を前向きに転換させることが可能といわれています。

マインドマップのタイトルを「現状の問題点」と記入して、思いつくまま書きだしてみましょう。なかなか答えが見つからなくても焦りは不要です!考えている時間が増えれば増えるほど、私たちの脳は「作業興奮」状態になり、アイディアが出やすい状態になります。特に人生を不満に思っている問題点を書くことは、ストレスを軽減させる方法でもあるので、気づくといっぱい書いている場合も。

人生をやり直したい!と思っている部分がマインドマップにより「見える化」することで、具体的な改善や対応が可能となります。いきなり行動する前に、ぜひ「考える」時間をもちましょう!その際は、静かな喫茶店などを利用すると、ますます頭の情報が整理されるのでおすすめですよ!

point【人生のやり直しには、マインドマップが効果的!】

人生やり直しの方法3【自己責任で生きる】

「自分に起きた問題は、すべて自分の責任」と認識する考えは、人生をやり直すための秘けつの一つです。人はどうしても、自分を正当化して他人に厳しく評価しがちな生き物。しかし、起きた問題の責任をいつも他人に転嫁してばかりだと、精神的に成長することも、自立もできません。

少し、難易度が高い方法の一つでもありますが、起きた問題に対して「すべて自己責任」という考えをもつことで「人生をやり直したい!」という思いに拍車をかけることが可能なのです!

たとえば、お給料が安くて不満!と思っている人が「100%すべて自己責任」の考えで対処をすると、会社に不満をもつことが1%もできません。その結果「どうすればお金を増やせるのか?」と前向きな思考になりやすく、副業を始める、会社に賃金UPを交渉する、転職するなどの行動を積極的にとる可能性がグンと上がるのです。

人生のやり直しは他人に任せて、できることではありませんので問題に対して「どうすれば解決できるのか?」という姿勢が常に重要になります。自己責任を合い言葉に、ぜひ与えられた問題を積極的に解決してみましょう!ポジティブな心がけは、問題の早急の解決と精神の成長を向上させますよ!

point【人生のやり直しは、自己責任がキーワード】

人生やり直しの方法4【項目ごとに計画をたてる】

人生のやり直しは「項目別に目標を計画する」ことも大切な方法の一つです。この方法は、誰の人生にとっても重大な、お金・仕事・家族・健康・心などの大きなカテゴリーに対して、それぞれの目標を決めていきます。人生の柱になっている項目の理想を計画することで、具体的なやり直しを進めることが期待できますよ!

たとえば、お金がたくさんあっても健康を害してしまっては、人生を楽しむことができませんよね。一生懸命、働いてつくった貯金を病院代で使いたい人はいないはず。また、いくら健康であっても愛する家族との不仲が続けば、人生の安らぎを得ることは、むずかしいといえます。

つまり、人生の柱となっている項目に対しての「バランス感覚」が重要ということです。「人生をやり直したい!」と願っている人は、生活の土台となっているお金・仕事・家族・健康などを分析して「期限つきの目標」を各々に設定しましょう。夢や目標に期日を決めると、現実性がグンと上がることは間違いありません。

「学歴の分野で人生をやり直したい!」と思っている人は、資格を取得したり、通信教育を受けたり。「人間関係で人生をやり直したい!」と思っている人は、コミュニケーションの本を読んだり、セミナーなを受けたりすることもできるはず。ぜひ、あなたが人生で大切だと判断している、カテゴリーの目標を計画してみましょう!

point【人生の土台、一つ一つに目標をつくろう】

人生やり直しの方法5【苦手なことにチャレンジする】

私たちの人生は、習慣によって支配されているといっても過言ではありません。習慣は、思考と言葉と実際の行動により形成されており、一度、身についてしまった場合、簡単に変化することがむずかしいといわれているのです。しかし、「人生をやり直したい!」と思っている人は、今の習慣をポジティブに変化させることも重要ですよね。

いくら、不満のない人生にしたいと願っていても、現状の習慣を一つも変化させない行動ばかりでは、「変わらない生活」が永延と続くだけです。また世の成功者の名言として多い「何もしないことが最大のリスク」という言葉が示しているとおり、やはり人生のやり直しには行動が重要といえる側面も。

習慣を簡単に変化させるためには、少し刺激的な方法がおすすめ。それは、今までに体験していないことに、あえて飛び込んでチャレンジする行動です。たとえば、コミュニケーションが苦手な人は、あえてパーティなどに参加して初対面の人と会話する。豊かさの問題で人生をやり直したいと思っている人は、あえて高級ホテルのラウンジで食事をしてみるなど。

少し極端な行動をとることは、私たちの世界観を大きく変える可能性が高いと脳科学ではいわれています。なぜなら、習慣とは未知の体験を拒否する脳の作用だからです。新しい体験には心が傷つく心配や予測不可能な問題があるため、人はどうしても避けがちです。しかし、人生を前向きに変化させるためには、チャレンジ精神がなによりも重要。勇気が必要な方法ですが、人生を変えるためにも「ドキドキする体験」を日常に求める姿勢も大切ですよ。

point【習慣をつくっている脳に刺激を与えよう!】

人生やり直しの方法6【大好きな人の伝記を読む】

あなたに憧れている著名人がいる場合は、ぜひ本を出版しているのかチェックしましょう!なぜなら、現在、華やかに活躍している有名人であっても、過去にはさまざまな人生の問題や障がいを乗りこえている可能性が高いからです。書籍は本人の「生の声」が赤裸々に語られていることが多いので特におすすめ。

あなたが大好きな著名人に「どのような問題が起こったのか?」や「どのような方法で人生の難問を解決してきたのか?」が本には書かれていることがあります。自分の憧れている人が、自分と同じように人生の問題と向き合っている姿に、モチベーションはきっと上がるはず。

また、好きな著名人がいなくても大丈夫!そんな人は、偉人の格言や座右の銘を知ることも「人生のやり直し」に前向きな刺激を与えてくれるはずです。良い言葉との出会いに、人生を大きく変える人は少なくありませんので、ぜひ!本屋さんやネットで検索してみましょう。そこで、下記にて、少しですが偉人たちの格言を紹介させていただきます。

『人生のやり直しに効果あり!?偉人たちの言葉5選』

【1】控えめであるためには、その前に、なにかに立ち向かうことが必要です。
オードリー・ヘップバーン

【2】失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。
ココ・シャネル

【3】あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。
ヘミングウェイ

【4】お金が欲しいんじゃない。ただ素晴らしい女になりたいの。
マリリン・モンロー

【5】逆境のなか咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。
ウォルト・ディズニー

point【良い言葉のシャワーを毎日、浴びよう!】

人生やり直しの方法7【孤独な時間をつくる】

人生のやり直しは、独りの時間を意識的にもつことも大切です。なぜ、孤独な時間が「人生のやり直し」に必要なのでしょうか。それは、外部からの情報を遮断すると心理的に内向が始まるといわれているからです。内向とは、興味や関心が自分自身に向かう心理といわれており「自己と向き合う時間」とも判断できます。

生活を改めて見つめると、意外と一人になる時間が少ないことに気づくはずです。いつも「自分を知っている人」に囲まれた生活は楽しいかもしれませんが、「自己と向き合う時間」が欠乏している習慣ともいえるかもしれません。

一人の時間は、自然と内向をするため世間や他人の常識ではなく「自分の気持ち」に合わせた人生の問題点や改善策を熟考できる可能性が高いのです。知識や既成のルールだけでは、納得できないことでも、自分の感情と価値観を元に決めた人生のやり直し方法であれば、楽しんで行動ができるはず。

少しの時間「自分を知っている人」と距離をおくことで、新しい人生の価値観や夢が見つかる場合も決して少なくありません。さびしい気持ちもあると思いますが、「人生のやり直し」には孤独な時間を生活にとり入れることをおすすめいたします。その際は、好きな飲み物やお菓子などを準備すると、リラックスができて、楽しい気持ちになれますよ♪

point【ゆったりと自分自身と向き合おう】

人生やり直しの方法8【アダルトチルドレンと向き合う】

ACという言葉をご存じでしょうか。ACとはアダルトチルドレン(以下AC)と意味しており、今の人生に生きづらさを強く感じている人や考え方、現象を示す言葉です。ACの原因となってしまう主な理由に「機能不全家庭」が指摘されています。子ども時代に受けた心の傷が大人になっても無意識に存在し、ACは完璧主義・コミュニケーション障がい・破壊的な考え・漠然とした欠乏感を生じさせるといわれているのです。

「人生をやり直したい」と強く思う人は、現状の生活に問題を感じている人でもあります。人生が思い通りに進まなかったり、欠乏した気持ちになる原因は、ACが問題となっているケースも多いのです。もし、目標や夢を達成しても満ち足りた気持ちにならない場合は、過去の家庭環境を思いだしてみましょう。

「機能不全家庭」とは、条件付きで愛情を与えることや虐待、無関心、そして子離れできない共依存をもった保護者に子どもが育てられる家庭といわれています。。もちろん、完璧な人間がいないように親も完璧ではありません。しかし、ACの親は子供をACにしてしまう可能性も高いといわれており、幸せな人生の障がいとなってしまう危険がある場合も。

心理的に満たされない人は、お金や名誉を得ても満足することができないため、「人生のやり直しの行動」が永続的になるといわれています。人生に安らぎを感じるためにも、幼少時代の記憶を振り返りACの問題をチェックすることをおすすめします。現在は、AC関連の書籍や自助グループもありますので、気になる人は検索してみてくださいね。

point【満たされない原因は過去にある場合も】

まとめ

「あなたが元の人生に戻らないための8つの方法」は人生のやり直しとは、とても壮大なことのように感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、実は決して大きなことではなく、誰でも「今」から幸せな人生にむけて行動ができるのです。

今回ご紹介させていただいた方法は、最新の心理学・自己啓発・脳科学を基本にした内容ばかりなので、具体的な改善が期待できますよ♪ぜひ、できそう!と思った箇所からチャレンジしてみてください。一つでも行動すれば、日常は変化します。日常が変化すれば習慣が変わり、人生のやり直しに前向きな影響を与えることができるのです。