バイトの人間関係に疲れる!?誰もが経験する辞めたくなる5つの悩み!正直に理由を言うとどうなる?その前に考えたいこと4つ!

バイトの人間関係で悩んでいる人はとても多いです。その証拠に、今までバイト先の人間関係で一度も悩んだことが無いという人は、殆ど居ないのではないでしょうか?誰もが経験ある、バイトの人間関係の悩み。今日は今まさに悩んでいる人に、世間一般のバイトが感じる人間関係の悩み5つと、バイトを人間関係で辞める理由、辞めると伝える前に絶対考えたい4つのことを紹介いたします。

バイトの人間関係は疲れる?

早い人なら中学生から、進学して部活をしていなければ高校生から、そして大体の大学生は何らかのバイトをしていると思います。さらに、夢をか叶えるために、本当に働きたい場所が見つかるまで、とバイト生活をしている社会人もいるでしょう。

沢山の人が携わる「バイト」なので、当然人間関係の悩みも尽きることがありません。バイトの人間関係がだるいと思ったり、バイトの人間関係で疲れたという人は、仕事自体は好きなものでも、バイトに行きたくないという気持ちが勝ってしまうこともあるでしょう。

今現在バイト生活を送っている人は、バイトの人間関係にどんな悩みを持っているのでしょうか?そして、バイトを人間関係が原因で辞める理由には、何と言っているのでしょうか。皆の悩みを知ることで、「自分だけじゃない」と勇気づけられることもあるはずです。

今日は、バイト生活を送る皆さんが抱えている、バイトの人間関係の悩み5つと、バイトの人間関係で辞める理由、バイトの人間関係で辞めると伝える前に、絶対考えたい4つのことを紹介いたします。今バイトの人間関係で悩んでいる人は、最後まで目を通してみてください。

バイトの人間関係の悩み・5つ

1.バイト先の人間関係で怖い人がいる

バイトを始めたての人が、一番最初に感じる人間関係の悩みが、バイト先の人間関係で怖い人がいるということではないでしょうか。まだ形式的な挨拶しかしたことが無く、仕事ぶりを一方的に眺めているだけだと、仕事のできる人のてきぱきした行動が、怖く感じることもあります。

また、実際に他のバイト仲間の文句を言っているのを耳にしてしまったり、何かあるとすぐに怒りをあらわにする、大人気ない人もいるでしょう。そんな姿を目にしてしまうと、たとえ自分が直接怒られたわけではなくても、その人に対して恐怖を感じてしまうのです。

ただ、始めたばかりのバイト先では、その人の本質を知ることはできません。そこでまずは、会う回数を増やし、その人の本質を知る努力をしてみましょう。もしかすると、文句を言われる側に理由があるかもしれませんし、しゃべってみれば、意外にやさしくて良い人だったということもあるかもしません。

それでもやっぱり怖い人だという場合、仕事がシフト制ならば、相手のシフトの傾向を調べて、同じ出勤にならないように、ひそかに調節してみましょう。

2.バイトの人間関係が合わない

悪い人ではないのだけれど、どうも合わない人がいる。バイト先の人間関係にはこんな悩みもあるでしょう。例えば、人の言うことにいちいち反対意見をぶつけてくる人がいたり、仕事の進め方や考え方が全く合わない人もいます。

バイト先の規模が大きければ大きいほど、従業員の人数は多くなるでしょう。そうなると、いろんなタイプの人がいるので、どうしてもバイト先の人間関係で、合わない人が出てきてしまいます。自分と合わない人がいると、イライラしてしまうかもしれませんが、合わない人は流すに限ります。

この先就職をしたり社会に出ると、自分と合わない人はたくさん出てきます。その度にいちいちイライラしていたら、ストレス過多になって体調を崩してしまうかもしれません。今のバイト先の合わない人は、その時の訓練だと思って、スルーするスキルを身につけましょう。

3.バイトの人間関係がめんどくさい

バイトには「お金の為だけ」に行っている人も少なくありません。バイト先は、仕事をしてお金を稼ぐ場所であり、その他の交流などは、自分の交友関係の中で行いたいという人も多いでしょう。

ところがバイト先によっては、妙に仲の良さを売りにしているところがあります。休憩時間は一人で読書したいと思っていても、会話に入ることが暗黙の了解になっていたり、1週間に1度は飲み会が開かれていて、行かないと気まずかったり…。

こんな風に、バイト先の人間関係がめんどくさいと思う事もありますよね。嫌いじゃないけど、休憩中や終業後のプライベートな時間まで一緒に居たいとは思わない。でも、半強制的に一緒に居ることを求められる。

こんな場合は、もしあなたが割り切れる性格なら、「私はこういうタイプの人間ですから」と誘いを断ってしまってもいいのかもしれません。

4.バイト先の人間関係が最悪

入ったばかりの新人バイトにとって、バイト先の人間関係が最悪な職場は、身の置き所がありません。入った瞬間微妙に感じる、バイト先の人間関係の派閥。どちらに入るの?と言われんばかりの、無言の圧力。働きに来ただけなのに、厄介な所に来てしまった!と後悔してしまいます。

他にも、バイトリーダー同士などの比較的ベテランさんの仲が悪く、本人たちの権力争いの為に、違った支持を出されて困ることもありますし、バイト全員で、一人の人を寄ってたかっていじめているような環境に出くわすこともありでしょう。

とにかく、バイト先の人間関係が最悪なところもあるのです。こんなところに勤めてしまったら、仕事どころではありません。もし直感で合わないなと思ったのなら、仕事を覚える前にさっさと辞めて、バイトの人間関係が良いところを探した方がいいかもしれません。

5.バイトの人間関係に優しさが無い

ドキドキしならが新しいバイトを始めた人にとっては酷な話ですが、バイト先の社風として、人間関係に優しさがない職場もあります。表立って険悪な雰囲気も流れていないし、既にいくつかの仲良しグループが出来上がっていて、それはそれで楽しそうに過ごしているのですが、新人が来ても誰も相手にしようとしないのです。

もちろん、自分から打ち解けようという姿勢は必要です。きちんと挨拶をして、わからないことを聴いても最低限のことしか教えてもらえずに、休憩場所や休憩時間、トイレの場所などの予め先輩が教えてくれるようなことも、聴かなければ誰一人教えてくれないような職場なら、職場にも問題があります。

「別に私に関係ないし」と新人が入ってきたことに、まったく気遣いもない人ばかりの職場と言うのは、やはりその後も同じような雰囲気が続きます。運よく先に知り合いが働いていて、そのグループに紛れ込んだり、同時期に新人がいて一緒に行動する相手がいればいいのですが、そうでなければ孤独を感じることもあるでしょう。

そしてそういった職場は人間関係に限らず、どんなことに関しても「優しさが無い」職場であることが多いのです。表立って怒られたり、無視されたりするわけではないので、明確な原因がないけれど、なんだかバイトの人間関係に関してモヤモヤする。こんな職場もあるのです。

バイトを人間関係で辞めるのは悪いこと?

バイトの人間関係に悩んで、辞めたいと思う人もいるでしょう。でも「バイトの人間関係が悪いから辞めたい」と相談すると、「楽な思いをしてお金を稼げるわけがない。どこに行っても同じようなものだ。ここで辞めたら一生逃げ出す人生になる。」などと説教する人がいます。

果たしてこれは事実なのでしょうか。もちろん「あれもいや、これもいや、それもいや」では仕事などできないでしょう。ただ、明らかに自分と合わない人間関係の環境に身を置くことが、良いことだとも思えません。

例えあなた以外の人が全員仲良くできていても、自分自身が合わないと感じるのなら、やはりそこはあなたにとって合わない場所なのでしょう。そんな場合に、新天地を求めることが悪いことだとは思いません。

中には引き止めるために、「責任感がない」などと言って責める雇い主もいるかもしれません。しかし、バイトにも仕事や職場を選ぶ権利はありますし、正式な手続きをふめば、辞められるはずなのです。毎日嫌な思いをしながら、日々重い足取りでバイトに行くよりも、自分らしく居られる自分に合った場所を探してみませんか?

バイトを人間関係で辞める理由はどう言う?

辞める理由をバイトの人間関係だと言わない場合

人間関係が嫌でバイトを辞める場合でも、たいていの人が本当の理由を伝えないでしょう。理由はいくつか挙げられます。

1.そもそも辞めることを伝える人(経営者や現場責任者、店長、リーダー)のことが嫌だから言えない
2.伝えてから辞めるまでの間、出勤し辛いから
3.今後どこかで出会うかもしれないので、本当の理由を伝えるのが気まずい
4.何もわざわざ本心を言ってあげる必要がないから

これらの理由で、人間関係以外のバイトを辞める理由としておすすめなのが、本業を理由にすることです。学生さんなら学業、学校の都合、クラブの都合でいいですし、社会人なら就職が決まった、就職活動に専念したいなどでいいのです。

本業を理由にされると、引き止めたくても引き止められません。本当は薄々わかっていたとしても、「ほんとは人間関係でしょ?」と聴かれることもないでしょうし、残りの出勤日も、気まずい思いをしなくてもいいでしょう。

辞める理由をバイトの人間関係だと伝える場合

バイト先を人間関係で辞める理由を、正直に言うという手もあります。現場の人間関係には困らされたけれど、上司は信頼できる人だった場合や、退職の意向を伝えるのは、普段出会わない本部の人だと言う場合は、本心を伝えやすいでしょう。

人間関係で相当困らされていて、また退職の理由を告げるのが、困らされた当事者ではなく信頼できる人ならば、本心を伝えてしまうのも一つの手です。過去に同じ事が原因で辞めた人がいるかもしれませんし、雇い主側もクセのあるその人に、少なからず迷惑をかけられていたかもしれません。「次同じことがあれば、対策しなければと思っていた」という事も意外と少なくないようです。

何より建前の退職理由は、追及こそされなくても、相手に違和感は伝わるものです。面接で言ったことが嘘だったのか?と思われてしまうかもしれません。本音を伝える事ができれば、これらの心配はないでしょう。

バイトを人間関係で辞めると伝える前に準備したい4つのこと

辞める意思を伝える前に、しっかり準備しよう!

面接だとしっかり事前準備をするのに、バイトを辞める意思を伝える場合は、準備をしない人が多いようです。今はたいていの職場で人員不足ですし、あなたが戦力になっているのなら、引き止められる可能性が多いでしょう。

その時に、予め自分の中で考えがまとまっていなければ、その場の雰囲気に流されて、間違った判断をしてしまうかもしれません。「残ります」と言った後に「やっぱり嫌だったな」となった時、責任感の強い人なら「やっぱり辞める」とは言いづらいですし、何より「しょっちゅうごねる人」という印象になってしまうでしょう。

バイトを人間関係で辞めると伝える前に考えたいことは以下の通りです。

1.一番嫌な原因となる人と、その人にされた事実
2.その人以外に嫌な人がいないかどうか
3.1.で挙げた人がいなくなったら、このバイトを続けてもいいのかどうか
4.条件が変われば続けられるのか

1.に関しては「○○の時に●●されて私は困った」と言うように事実だけを伝えましょう。いくつかあるはずなので、ちゃんとその時の状況を思い出しておきましょう。とっさには思い出せないものです。

その行為をどう感じるかは責任者です。「あの人は意地悪」「あの人が悪い」などとあなたの感情を伝えるよりも、真実をわかってもらいましょう。あなたの感情は「困った」だけでいいのです。

2.については、今は一番嫌な人のことで頭がいっぱいになっていますが、よくよく考えてみれば他にも嫌な事や嫌な人がいるかもしれません、一番嫌な人は一旦置いておいて、冷静になってよく考えてみましょう。ここの判断を誤ると、万が一残った後に他の嫌なことが見つかった時、辞めると言いづらくなります。

3.は2.で出た答えで自ずとわかるはずです。一番嫌な人が辞めたとしても、他に少しでも気がかりなことがある場合は、次はその事柄が大きな問題としてのしかかってくるでしょう。思い当たる節があるなら、辞めてしまった方がいいかもしれません。

また「あの人が辞めたら残ります」とこちらから言い出すのは、責任者を試しているようで心証がよくありません。あくまでも先方から打診された場合になります。

4.あなたの仕事ぶりを認めているのなら、先方が条件をあなたに合わせてくれる可能性もあります。その時に、いったいどんな条件なら続けたいと思うのかを明確にしておきましょう。これはとっさに思いつくものではありません。きちんと箇条書きにして頭に叩き込んでおきましょう。

また当然ながら、全てが受け入れられるわけではないので、夢のような条件ではな、くこれなら続けてもいいと思えるボーダーラインを明確にしましょう。

これらの準備をしてから、バイトを辞める意思を伝えましょう。もしかしたら退職の意思はあっさりと受け入れられて、この準備は必要なかったと感じるかもしれませんが、辞める前に一度冷静になるという意味でも無駄ではないはずです。

バイトの人間関係がいいと仕事も楽しい!

バイト選びで最重要視するものが人間関係が良いバイトであること、と言う人も少なくありません。それだけバイト先の人間関係とは重要なものなのです。人間関係が良いバイトだと、仕事に行くのが楽しくなります。

時給が50円高いけれど、人間関係が悪くて行きたくないバイトと、時給は50円安いけれど、早くみんなと会って休憩時間に話したいことがある!と言うバイトでは、人生の幸福度も大きく変わってしまうでしょう。バイトの人間関係に妥協せず、自分に合ったバイトを見つけてください。