バイト行きたくない病になった時の対処法4選!理由は眠い・人間関係?辞めたいをなくす有効な技とは?

バイト行きたくない時にはどんな対応をしていますか?重い腰をあげてバイトに向かう人や行きたくないことを理由にバイトを休んだり辞めたりする人もいます。バイト行きたくないと感じる理由や対処方法を紹介します。頻繁にバイト行きたくないと感じる人は是非参考にしてください。

バイト行きたくない病は誰にでも訪れる

「バイト行きたくない」という状況は誰にでも起こります。自分のモチベーションが低いことが原因でこの感情が頻繁に芽生えるのです。しかし、バイトは仕事の1つです。自分がバイトをすると決めた以上責任を持って自分の仕事をこなす必要があるのです。ただ、この気持ちのままバイトをすることで「ミスが増える」「自分の負担になる」などのマイナスな状況になることも考えられます。

そうならないように、なぜ自分バイト行きたくないと思うのかをしっかりと考えましょう。理由は人それぞれです。しかし、この辛い状況を解決できないことで「甘え」ではなく「バイト行きたくない病」として精神的に追い詰められる可能性もあるのです。バイト行きたくない気持ちが病気になる前に、自分の状況を把握することが大切です。

バイト行きたくない病としてどんな症状があると危険なのか、多くの人がどんな瞬間にバイト行きたくないと思うのか、そんな時にはどんな対処をするべきなのかを紹介します。バイト行きたくない辛い状況からいち早く抜け出せるといいです。バイト行きたくないと悩んでいる人は自分だけではないです。多くの人が自分と同じよう原因で悩みを抱えていることを忘れないでください。

バイト行きたくない病としてこんな症状が出たら要注意!?

「バイトに行くなら死んだ方がマシ」だと考える

毎日しっかりと寝ているのに、なぜか毎朝起きるのが辛いという人も少なくないです。また、バイト行きたくない病の1つとして「バイト中にひたすら焦燥感を感じる」ことが挙げられます。「最近調子が悪い」「いきなり泣きたくなる」などの状況に場合には、過剰にストレスを感じている場合もあります。

この時には、いち早くバイト行きたくない気持ちがストレスになっていることに気が付く必要もあるのです。バイト行きたくない気持ちが大きくなる、バイトに行っても早く帰りたいと思うなどの気持ちによって「バイトに行くなら死んだ方がマシ」と考えます。本気でこの気持ちになった時には「バイト行きたくない病」として「うつ病」の可能性もあるので注意をしてください。

本気でバイトの事を考えると「死にたい」と思う人は注意が必要です。この気持ちが芽生える前に適切な対応を取る必要があるのです。バイトはある程度責任を持って行う必要もあります。しかし、この状態では過剰に自分に負担が掛かっているのです。

週の初めにバイトに行けなくなった

「バイト行きたくない病」の症状として「うつ病」である可能性もあるので注意が必要です。多くの人は「バイト行きたくない」と思ってもこの気持ちがうつ病から来るものだと気が付くことが出来ません。またこの気持ちを周りの人に相談しても「甘え」だと思われるのです。「バイト行きたくない」と思うのが特に週初めの月曜日や火曜日である時には注意が必要です。

週初めには、特にうつ病の症状が強く現れやすいのです。誰しもが「バイト行きたくない」と憂鬱な気持ちになります。しかし、この思いが強いことでバイトに行くことが出来ない状況であれば心の病気の可能性がある事を忘れないでください。バイト行きたくない時でも、心の病気でない場合には憂鬱な気持ちを持ちながらバイトに行けるのです。

仕事のペースが落ちてミスが増える

バイト行きたくない気持ちからうつ病の症状が出ることもあります。しかし、うつ病の症状はいきなり現れるものではないです。初めは多くの人が感じるように「バイト行きたくない」と若干憂鬱な気持ちになっているだけです。この気持ちが大きくなることで「何もやる気が起きない」状態に陥ることもあります。これが原因で、バイトをしても些細なことで頻繁にミスをするのです。

またミスをしたことが原因で「自分はダメな人間だ」と考える人もいます。次第にバイト行きたくない気持ちだけではなく、日常生活の中で「何もしたくない」という典型的なうつ病の症状が明らかに現れます。ミスをして、バイトの先輩や社員の人などに怒られます。その結果どんどん自分の殻に閉じこもる可能性もあるので注意をしてください。

バイト行きたくない気持ちは誰にでも起こります。しかし、この気持ちが原因で徐々にこの3つの症状が現れる可能性もあります。この症状が見られた時には、一人で抱え込まずに専門の心療内科で診察を行ってください。自分は大丈夫という軽い気持ちが結果的にうつ病を発症させる原因になるのです。バイト行きたくない病は症状が現れる前に適切な対処をする必要があります。

バイト行きたくない原因って何!?原因を知ることも大切!

バイト行きたくない原因「人間関係が上手くいかない」

バイト行きたくないと思う原因として「人間関係が上手くいかない」ことが挙げられます。バイトをするうえで、必ずしもその雰囲気に馴染んで皆で仲良く仕事ができる訳ではないです。一人でもバイト先に「苦手」な人がいるだけで、バイト行きたくないと感じます。そのため、これが原因のひとは常に「今日はあの人も一緒だったっけ?」と考えます。

そして、その人に会いたくないという気持ちが「バイト行きたくない」状況にしているのです。また、バイト先の人と馴染めずに、常に一人で浮いていることも考えられます。「周りの人たちは仲良くしているのに何で自分は…」と考えるのです。その結果バイト行きたくない思う原因として「人間関係」に必要以上に悩まされます。

バイトを行う上で人間関係に悩む人は少なくないです。人間関係の悩みはバイトだけではなく正社員として仕事をしていても避けられない問題です。そのため、人間関係が原因でバイト行きたくないと感じることでバイトを辞める人もいます。

バイト行きたくない原因「眠い」

バイト行きたくないと思う原因として「眠い」ことが挙げられます。人間は、自分が眠い状態になることで自分がやるべきことに対してやる気が出ないのです。そのため、「今日は眠いからバイトに行きたくない」と考えます。また、朝からバイトである時には「わざわざバイトの為に早起きをしたくない」という気持ちが大きいです。この原因で頻繁にバイト行きたくないと思います。

実際にはバイト行きたくない気持ちではなく「眠いからバイトを休んで寝たい」という気持ちが大きい状態です。眠いことでバイト行きたくない気持ちが芽生える人は「たくさん寝る」ことで問題が解決できるのです。そのため、バイトに行く前に仮眠を取るだけでバイト行きたくない気持ちが軽減できます。

また、これが原因の人は「夜更かしをしている」「質の良い睡眠が取れていない」傾向があるのです。次の日にバイトがある時にはなるべく早く寝ることを心がけましょう。眠い気持ちが大きくなるとバイトだけではなく「学校に行きたくない」「○○をしたくない」などと目の前にあること全てのやる気が失われます。

バイト行きたくない原因「頑張っても成果がでない」

バイト行きたくない原因として「頑張っても成果が出ない」ことが挙げられます。自分では一生懸命に頑張っているつもりでも、バイト中にミスをしたり自だけ良い評価が得られないこともあります。これが原因でバイトに対するモチベーションが下がるのです。その結果「自分がこんなに頑張っているのに」「なんで自分だけ評価されないの?」という不満を抱えます。

この気持ちが大きくなることで「バイトに行っても意味がない」「どうせ自分がダメな人間」などとマイナスな感情が芽生えます。比較的、なんでも自分の中に溜めこむことが多い人に見られる傾向もあります。この状態になることで、徐々に自分に自信が持てなくなる可能性もあるので注意が必要です。

また、同じ時期にバイトに入った人が自分よりも仕事ができる人である事も考えられます。そうなると、周りの人にその人と自分を比較されて余計にバイト行きたくない気持ちが大きくなるのです。また、周りの人から「仕事ができない人」などのマイナスな印象を持たれることを恐れて、この気持ちを一人で抱え続けます。

バイト行きたくない原因「やりがいを感じない」

バイト行きたくない原因として「やりがいを感じない」ことが挙げられます。これは毎日のように同じ仕事を行うことで「つまらない」「飽きた」などのマイナスな感情が芽生えます。その結果、なんとなくやる気が出なくなり「バイト行きたくない」を思うようになることで、この気持ちが芽生える原因はさまざまです。

「刺激が少ない」「毎日同じ内容の仕事をする」「自分を向上させる気持ちがない」「思っていた仕事内容と違った」などの原因が考えられます。目標ややりがいを失うことで「ただ作業をしている」状態です。そのため、どんどんモチベーションが下がってバイト行きたくない気持ちが大きくなります。また、これが原因で、仕事に対しての意欲も薄れます。

バイト行きたくない原因「ミスをした」

毎日のようにバイトをしていれば「ミス」をすることもあります。人間はロボットではありません。そのため、誰でもミスをすることはあるのです。ただ、この時に「ミスを次に生かそうとする人」「ミスをいつまでも引きずる人」に2種類に分かれます。ミスをいつまでも引きずることで、バイト行きたくない気持ちが芽生えるのです。

これは、「バイトでまたミスをしたらどうしよう」という気持ちが原因です。また、自分のミスで周りに迷惑をかけたことで「次にバイトに行ったらあのミスで周りの人から白い目で見られるかも」などと思い込みをします。その結果、バイトに行くことに対して憂鬱な気持ちが芽生えるのです。これが原因で、バイト行きたくないと感じる人は少なくないです。

バイト行きたくない時の9つの対策

「バイト行きたくない!」と大声で叫ぶ

バイトに行きたくないと思った時は、それをそのまま声に出して叫んでみましょう。布団を頭からかぶったり、バケツに顔を突っ込んだりして、できるだけ大声で叫びます。バイトに対して不満があるなら、そのことを叫ぶのもいいですね。

大声を出すことはストレス発散になるので、叫んだ後はスッキリしてバイトに行けるかもしれませんよ。ちなみに大声を出すのが難しいなら、紙に書いて、その後でビリビリに破り捨てるのがおすすめです。これもスッキリしますよ。

バイトに行く時間まで寝る

既にご紹介しましたが、眠いこともバイトに行きたくない原因のひとつなので、バイトに行くまでに時間があるなら寝てしまうのも対策のひとつです。

もし眠いことが原因でなくても、寝ることは気持ちをリセットする効果があります。寝て起きたらスッキリとバイトに行けた、というのもよくある話なので1度試してみてはいかがでしょうか?

お風呂に入る

お風呂に入るとリラックスできますし、気分転換になります。ですからバイトに行きたくないという気持ちを、コロッと変えることができるかもしれません。

ただシャワーでは効果が低いので、湯船にゆっくり浸かりましょう。お気に入りの入浴剤などを使用すると、更に効果アップが狙えます。ただ寒い時期は、湯冷めに注意して下さいね。

欲しいものを買ってしまう

今欲しいものはなにもない、という人は恐らくいないと思います。この欲しいと思っているものを買ってしまう、というのも対策のひとつです。

お金で買えるものに限られますが、欲しいものを買うことはストレス解消になりますし、当然ですがお金が必要になるので「休んでいる場合じゃない。働かなくちゃ」と思うでしょう。今はネットですぐに欲しいものが買えるので、バイトまであまり時間がなくても試せる方法だと思います。

損得を考える

バイトに行きたくない、そう思った時は損得を考えてみましょう。バイトを休んだ場合に得することといえば、バイトに行くことで嫌な思いをせずに済む、ゆっくりできる、好きなことに時間を使える、などでしょうか。

逆に損をすることには、お金が入らない、後日叱責される、バイト仲間に悪印象を与える、などがあげられます。このように損得を考えると、得することは一時的に得られる喜びであり、損することはその後何日も引きずる可能性があることがわかると思います。

特にズル休みの場合、それが発覚するとその後正当な理由であっても休みにくくなります。一時得られる快楽のために、その後長期間損をする可能性があるということを知れば、我慢してバイトに行こうという気になるのではないでしょうか。

とにかく準備をして自宅から出る

自宅で「バイトに行きたくない」と考えていると、なかなかその考えから抜け出すことはできません。ですからとにかく準備をして、自宅から出ましょう。

自宅から出れば足が勝手にバイト先に向くものですし、歩いているうちに働いている人達を目にすることになるでしょうから、自分が休むことに罪悪感を覚えてバイト先に向かう、ということもあると思います。また歩くことで身体を動かしたり、外の空気を吸うことも気分転換になるので、バイトに行きたくないという負の感情を散らす効果が期待できます。

原因を整理する

バイト行きたくない時には「原因を考える」ことも大切です。原因を整理したうえで「なんとなくバイトに行きたくない」と感じている場合には、自分の「甘え」だと判断できます。この時には、責任感を持ってしっかりとバイトに行く必要がある事を忘れないでください。「バイトだから好きな時に休んでいい」という訳ではないことを忘れないでください。

原因を整理した時に、気持ち的な問題が現れることもあります。この時には、その原因をそのままにするのではなくしっかりと向き合って問題を解決する必要もあります。例えば、ミスをしたことが原因である場合には「ミスをしないためには」という事を考えます。また、人間関係が上手くいかない時には「なぜ周りの人との関係が上手くいかないのか」を考える必要もあるのです。

原因を把握した上で、問題を解決する方法を知らないといつまでもバイト行きたくない気持ちは収まりません。これをした上で「今後自分がどうするべきなのか」を考えてください。精神的な肉体的に追い詰められている時には「バイトを辞める」選択をする必要もあります。

みんな一緒だと考える

バイトに行きたくない、そう思う時は「どうして私だけこんな目に」など、自分だけが辛い思いをしている、と思い込んでしまっている場合があります。でも程度の差はあれ、人間関係に悩むことはどこの職場でもありますし、なにひとつ不満のない職場など存在しないと思います。

いつも笑顔で仕事をしている人が心から笑っているとは限りませんし、口では「仕事が楽しい」と言っていてもそれが本音とは限りません。バイトに行きたくない、と思うのも珍しいことではなく、多くの人が毎日のように思っている筈です。つまりみんな一緒で、自分だけ辛い訳ではないのです。そう考えると、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

休んでしまう

これは最終手段ですが、どうしても「バイトに行きたくない」という気持ちが消えない時は、休んでしまうのも対策のひとつです。特に1度も休んだことがない人は、休んでみることで学べることもあります。

例えばズル休みの場合、まず連絡するのに緊張しますよね。無事に休めた場合も、嘘が発覚したらどうしようとソワソワすると思います。この時点でもう心は休まりませんから、バイトを休んだことで得た時間を楽しむことはできないでしょう。

またどうせバレないと高をくくって外出した場合、その日が休みのバイト仲間に遭遇してしまう、ということもあり得ます。そのうえ休み明けは、バイト仲間や上司の風当たりがきつくなり、更に「バイトに行きたくない」状況に陥ることも考えられます。1度休んだことでこのような目に合うと、2度と休みたくないと思えるかもしれません。

ただし、本当に心身の状態が悪い時は別です。なによりも大切なのは自分の身体ですから、そこは間違えないようにして下さいね。

バイト行きたくない気持ちから吐き気や頭痛が起こる!?

このようにバイト行きたくないと思う原因は人によってさまざまです。しかしバイト行きたくないと考えた時に吐き気や頭痛などの症状が現れる可能性もあります。この時には無理をしてバイトに行く必要もないです。バイト行きたくないという精神的な問題から吐き気などの肉体的な症状が現れているのです。この状態で無理をすると症状が悪化する可能性もあります。

バイト行きたくない時には、まず原因をしっかりと把握してください。原因を知った上で適切な対処をおこなう必要があります。バイトを行う以上責任を持つことも大切です。しかし、これが原因で自分が最悪な状況になっては意味がないのです。気持ちを少しでも楽にする努力をしてください。また、一人では解決できない時には周りの人に相談することも大切です