医療事務の給料って安いの?正社員やパートのメリットとデメリット

医療事務の仕事は女性に人気の仕事だと思います。医療事務の資格を取るために専門学校があったり、家でも資格を取ることができます。医療事務の仕事のイメージってどのような物がありますか?多くの人が病院で受付をしているというイメージだと思います。ですが、医療事務の仕事は病院の受付をするだけではありません。今日は、医療事務の仕事内容やメリット、デメリット、またお給料についてもお話をしていきたいと思います。

医療事務の給料は安い?平均月収・年収は?

医療事務となると、一時多くの人が医療事務の仕事をしていれば将来も安定しているから良いと資格をとっておく人が多かったですよね。私も、医療事務の専門学校へ通い医療事務1級の資格を取得しました。そして、その後皮膚科のクリニックにて医療事務員として働き始めました。

医療事務の仕事って大きなイメージ的に病院の受付業務をしているというイメージではないですか?実は医療事務の仕事でも、受付業務だけではないのです。

今日は、医療事務の仕事がどのような仕事なのか、どのくらいお給料がもらえるのか、メリットやデメリットはどんなものがあるのかなどをお話したいと思います。医療事務の仕事のイメージが今以上に広がって資格を取るのか検討して頂けたら嬉しく思います。

医療事務とは?

医療にかかわる事務

医療事務とは、病院や診療所(クリニック)での医療費の計算や患者様への応対が主にメインの仕事になります。そして、事務全般の処理などを行う人を医療事務員と呼んでいます。最近では、メディカルクラークと呼ばれることもあります。

医療事務と耳にすると、女性をイメージする人が多いかと思いますが、中には男性のスタッフもいます。ですが、やはり多くが女性スタッフで女性に人気のある職種といえるでしょう。

医療事務の仕事はパソコンを使ったデータ入力業務や書類の作成をイメージされる方もいるかと思いますが、実際には医療事務という仕事でもレセプト業務、秘書業務、看護助手業務など様々な仕事があります。病院によっては受付だけやってくれればいいという病院もありますが、秘書業務や看護助手も任されているところが多いようです。

専門的な知識

医療事務の仕事をしていく上で当然のことながら医療に関する専門的な知識は必要になります。私は医療のことは何もわからないし、医療事務にむいていないのかもしれない…と今、肩を落とされた方、まだむいていないと思い込むのは早いです。

実は、医療事務員は未経験や資格がなくても医療事務員として働くことが出来るのです。働くにつれて、医療知識は身についてきます。

確かに、診療報酬請求の知識、医療保険制度の知識は両方とも複雑で専門性の高いものです。特にレセプト業務は専門性が高い上に、間違ってしまうと病院にお金が入ってこなくて、病院の経営が成立しなくなってしまいます。なので、医療事務員の仕事は簡単なことではないですし、重要な仕事を任されている仕事です。

ですが、働いてしまえば何もわからなくても徐々に覚えてしまいます。実際に専門学校や自宅で医療事務の資格をとったところで現場に出てしまうと全くの別物です。勉強したことがそのままストレートに活かせるのか?といったら活かせません。

なので、初心者も勉強をして資格をとった人も、はじめはスタートラインは同じです。ですが、やはり資格がある人とない人では優先されるのは資格がある人です。医療事務の資格があるだけで、歯科事務、薬剤事務で働くこともできます。

そういった、歯科事務員、薬剤事務員、または医療秘書を務めている人たちも、医療事務と呼ばれることもあります。全て、仕事内容は専門的に違うかもしれませんが、大体行なっている仕事は同じです。レセプト業務や患者様への対応はどの事務員も行なっていることになります。

女性に多い

医療事務の仕事は、女性に人気の職種だと先ほどもお話しました。医療事務は、正社員、パート、派遣と働き方が様々です。そのため、主婦や家族に転勤が多い人がいる場合でも、選択がしやすい仕事になっています。

もちろん、病院によって仕事の進め方や内容は違ってくるかもしれません。ですが、資格と経験さえあれば、どこでも働くことはできます。そこが女性に人気の理由になっています。

将来を考えても、病院というものはなくなることはありませんし、常に進歩を遂げている場所です。もちろん、医療事務の仕事も同じでどんどんレベルアップをしています。昔は紙カルテを見て紙でレセプトやお会計を手描きで行なっていたと聞きました。

ですが、今はほとんどの病院がパソコンで、カルテを作成しますし、パソコンでお会計を出します。そして、レセプト業務もパソコンで行うところがほとんどです。

年々、医療事務の仕事も必要とされることが多くなってきているようですし、医療技術が上がっていくのと同時に医療事務員へ求められる能力も高度化、専門化してきているようです。そのため、ますます医療事務職が重要になってくるようになります。

医療事務の仕事内容は?

受付窓口業務1

まず、主に受付業務では、患者さんに対応をします。受診した患者さんから診察券や保険証を受け取って診察券等の確認をしますし、今日はどのようなことで受診したのかを聞きます。そして、他にも診察が終わった患者さんの診察料の徴収を行います。

他にも、カルテの管理をしたり、問診入力・患者情報の入力などの入力業務、他にも大きな病院で働いている人だと、病棟クラークの業務があります。医療事務は、「病院の顔」とも言われている仕事です。

患者さんがはじめに見る人が医療事務員、最後に見る人が医療事務員です。なので、病院の名を背負い、笑顔で気持ちよく対応する事が第一の医療事務員の大切な仕事なのです。医療事務員の対応次第で、その病院の印象は変わってしまいます。

受付窓口業務2

医療事務には、入院の手続きを行う仕事もあります。大きな病院でなくとも、医師が「この患者さんは入院が必要だろう」と判断した場合に、紹介状や、入院指示書などの作成がされます。(この紹介状や入院指示書は病院によっては医師のやり方に従い医療事務が作成するところもあります。)

書類には、患者さんの名前や生年月日などの個人情報が記載してあり、患者は医師から説明を受けた後のこの書類を受付に提出してきます。そこで、入院の手続きを行うのが医療事務の仕事です。

また、入院患者への入院費の説明をするのも医療事務の仕事になります。長期入院になると入院費が高額になってしまうので、相談を受けるのも医療事務の仕事になります。

レセプト作成業務

a__sg3

レセプト作成業務ってそもそも何?と思う人も多いかと思います。実際に、私が医療事務の仕事をする前に学校で勉強をしているときに、「レセプト」と聞いてレセプトとはなんぞや!と思いました。

レセプトというのは、診療報酬明細書の事を意味しています。(調剤薬局の場合は、調剤報酬明細書です。)患者さんが病院に受診したときにはじめに、健康保険組合、国民健康保険、共済、後期高齢者医療といった加入している医療保険から発行された被保険者証(保険証のことです。)を提出してもらいます。

そして、診療が終わった後に診療費を支払ってもらうのですが、この時に診療費を全て患者さんに支払ってもらうのではなく、通常病院での窓口では3割負担となっていますので3割分支払ってもらいます。そして、あとの7割分を医療保険、いわゆる保険者に対して請求をしなくてはなりません。

この7割分の医療費を計算することをレセプトといいます。レセプトは月に1回1ヶ月分を保険者に請求します。国保、後期高齢者医療制度の被保険者分は国民健康保険団体連合会(国保連合会)へ翌月5日までに、健康保険組合等の社会保険分は社会保険診療報酬支払基金(支払基金)へ翌月10日までに提出することになっています。

提出されたレセプトは国保連合会、支払基金で審査された後に患者さんが加入している保険者に送られます。そして、保険者の審査を経て7割分が保険者から国保連合会、支払基金経由で病院に支払われます。なので、7割分の費用は診療月の2ヵ月後にやっと医療機関へと支払われるのです。

ですが、レセプトに誤りがあったり、不備があるとその分の請求額が減額されてしまって、レセプトが医療機関へと突き返されてしまいます。これを返戻と呼んでいます。

返戻があった場合には、再度レセプトを作成し提出をしなければなりません。返戻が多いと、医療事務のミスが多過ぎるということになってしまいますし、病院の経営が危うくなってしまうところもあります。なので、一つ一つのミスを減らすためにも毎日毎日、毎月毎月のチェックが必要になってくるのです。

レセプト業務は、医療事務の中でも最も専門的な業務だといえるでしょう。私も専門学校で、レセプトの勉強はしてはいましたが、実際に働くと全く違うのでびっくりしました。初めのうちはみすも多かったですが半年もすれば大体のことが把握出来てきますからレセプトのやり方を覚えますし、チェックも入念にやればミスも減ります。

医療事務の魅力は?

全国で通用する

医療事務の資格を持っていると、どの医療機関でも仕事をすることが可能です。例えば、総合病院や専門的なクリニック、歯医者、調剤薬局などです。どこの医療機関も、資格で医療事務は必要だと条件に出しているところが多いはずです。

そして、医療事務のいいところは全国どこに行っても病院はあります。病院、診療所は全国に存在しますし、どこに引っ越そうが医療事務の資格さえあれば働くことは可能です。このような、場所を選ばないというところが医療事務の人気の一つになっています。

長く続けていける

医療事務には、雇用形態が様々で正社員、パート、派遣と3つの中から選んで仕事をすることができます。なので、自分にあった生活スタイルから仕事をすることが可能なのです。

正社員として働いていても、結婚・子育てを機にパートとして働くこともできます。他にも、昼間パートとして働いて夜は他の学校に通いたいということも可能です。医療事務は自分の生活スタイルに併せて一生仕事をしていけます。

知識が身に付く

医療事務の仕事をしていると日々の生活に役立つ知識が身につきます。例えば、薬の名前や何の病気に使う薬なのかがすぐに頭に浮かびます。なので、薬局で今使っている薬がなんなのかすぐに出てきますし、急な症状が出たときにこの薬を使えば大丈夫だと判断することができるようになります。

実際に、私も皮膚科の医療事務をしていました。その時に身についた知識は今でも忘れませんし、蕁麻疹がでたらこの薬、ニキビにはこの薬と自分で判断して手持ちの薬を使用しています。また、健康保険や診療報酬の知識も身につくので今日の診察費は大体このくらいだろうと予想することができます。

もし、医療事務の資格がなくても働きながら資格取得をすることも可能です。他にも、医療事務の資格はあるけれど、他の資格も取りたいと思ったときも資格を取得することができますし、スキルアップにもつながります。

医療事務の正社員で働く際の給料・年収は?

勤務先による

医療事務の給料は、勤務先の病院や診療所によって異なってきます。また、人によってはスキルが違ってきます。医療事務でも、1級なのか2級なのかというところで待遇は変わってくるかもしれません。

他にも、コミュニケーション能力が問われる仕事ですから、コミュニケーション能力や応対マナーなどのスキルも給料に関わってくる場合も病院によってはあります。また、ワードやエクセルの資格があったりと資格があればあるだけ待遇が変わってくる病院もあるのです。

平均月収

医療事務の初任給で大体10万円台後半~20万円台程度といわれています。勤続3年ほどで16~20万円前後ではないかとされています。私も、初任給で手取り16~17万円程度、勤続2~3年で手取り18万円ほどだったような気がします。

ですが、あくまでも参考程度にしてください。月収は場所によって異なってきますし、大きな総合病院の方がお給料が良いという話も聞きます。

都市部と地方の病院

月収は都心部の病院と地方の病院では差があるようです。地方での病院の場合は月収10~15万円位だとされています。また、大学病院や病院の規模によっても給料に差があるようです。

そう考えると、専門的な知識を求められる割には一般事務とさほど給料が変わらないですし、給料が少ないと感じますよね。私も働いているとき、よく同僚と仕事内容と給料が割に合わないと愚痴を言い合っていたのを思い出します。

ですが、実際のところ、医療事務を目指している人というのは本当に多いです。なので、今後も大幅に待遇が良くなるということはなさそうですね。

給料が高くなるケース

月によっては、残業がある場合もあります。レセプト請求期間になると残業時間が増えるケースもあり、残業手当により給料が増えることもあります。

他にも、忙しいクリニックなどだと毎日のように残業があって、毎日残業手当がついて給料が高くなることもあります。私が働いていたところは忙しいクリニックだったので受付終了時間が18時半だったのにもかかわらず、病院を出るのは20時近かったことが多いです。

ですが、残業手当といっても微々たるものなので、そこまで給料に変動がなかったような気がします…。

2003年の調査の場合

医療事務の仕事をする上で、学歴が給料に関係している場合があります。古いデータにはなりますが、2003年の全日本病院協会の調査によると、高卒の人と大卒の人とでは初任給に差があることがわかりました。

高卒→16万円程度
大卒→18万円程度

約2万円もの差があるのです。私が、医療事務の専門学校に通っていたとき、何人かは大学を卒業してから専門学校に通い始めた人がいました。その人たちは私のように高卒から専門に入学して医療事務の仕事をするよりか、待遇されているということです。

なので、今の時代はやはり、大学を卒業することは自分へのメリットになるのです。もちろん、医療事務に限らず、他の職種もきっと大学卒業という学歴だけで待遇される職種が多いことでしょう。

医療事務の年収1

医療事務の年収も勤務年数や勤務先の病院・診療所によると言われています。ボーナスや諸手当などの支給も病院によってといわれています。

総合病院などの大きな病院に比べてしまうと、クリニックなど個人経営の病院ではボーナスが低いといったこともあるようです。私の場合は、皮膚科のクリニックで月給の1.5倍を年2回でした。なので、大体20~25万円前後ボーナスが夏と冬に支給されていました。

医療事務の年収2

上記の勤務年数や書く病院によってのボーナスや手当によって、年収には開きがあります。ですが、大体初年度は250万円程度ではないかとされています。そして、全体の平均年収は300~400万円程度になります。

長く続けることによって、年収は増えていきますがはじめは周りの人と比べてしまうと少ないなと感じてしまうかもしれませんね。ですが、私は親に「毎月、安定した給料がもらえて、手当がついて、年に2回のボーナスがあるのはありがたいことだぞ」と言われていたので、たしかにな…と思いつつも少ないな!なんて思って頑張っていました(笑)

勤務年数によって収入up?

医療事務のメリットは先ほどお話しました。医療事務のメリット長く勤務ができるということです。正社員、派遣社員、パートと行った雇用形態があり、勤務時間を調節することも可能なので結婚をしてからも、子供が生まれてからも仕事を続けることは可能です。

そして、一度取得した資格は一生ものなので、全国どこへ行っても有効なため、どこへ引っ越してしまっても復帰しやすいのです。なので、何十年と医療事務を続けている人が多くいます。

その結果、勤務年数を重ねることによって、スキルが向上して月収は上がりますし、もちろん年収もその分上がります。その結果、年収500万円程得ている人もいるのです。

大体、高校や大学を卒業してからずっと医療事務として働き続けている人で50歳をすぎると、500万円ほどの年収に達するようになります。50歳で500万円の年収をもらえる女性って結構すごいことですよ。そう考えると医療事務という仕事は積み重ねが大切になってきます。

地方が安い理由

先ほども都心より、地方の方が下級が低いというお話をしました。ではなぜ、地方の方が安いのでしょう?仕事内容はそこまで変わらないはずなのに給料が低いなんて不利ではないか!と思ってしまいますよね。

都心よりも地方の方が月給が低いと考えられる理由として、最低賃金の違いが関係してくるのではないかと思われます。やはり、都心部の方が最低賃金は高いですし、地方の方が安いです。それが医療事務にも大きく関係していると思われます。

働くスタイル別のメリット・デメリット

正社員でのメリット

正社員のメリットはどのような事があるのでしょうか?正社員として働きたいと考えている人に参考にしていただきたいです。

・安定している
・産休・育休などがある
・社会保険がある
・賞与・退職金がある

正社員のメリットは、第一に「安定」しているということです。今の時代誰もが安定を求めていると思います。派遣やパートとは違って正社員ですと職を失うということは考えにくいです。

そして、女性にとって医療事務は復帰がしやすい職業といえます。結婚して子供が生まれても産休、育休制度を設けている医療機関は多いです。規模の大きな病院になると託児所が設置してある病院もあります。

そして、何よりも雇用保険や労災保険、健康保険、厚生年金などの各種の社会保険の完備がしっかりしています。それに、賞与と退職金があるのも正社員の大きなメリットだといえます。

正社員でのデメリット

正社員でのデメリットには次のような事が挙げられます。

・残業がある
・朝が早い

レセプトの請求機関は残業が避けられないことが多いです。また、病院は朝が早く病院によっては7時半~8時の勤務もありえます。

そして、休日は完全週休2日制または4週8休制がほとんどです。週に必ず2回は休みがあるか1ヵ月に8日間の休みがあるかという感じだと思います。病院は大体、日曜日、祝日は休みのことが多いです。

私の場合は、月に1~2回くらい面談があったり、講習があったり、病院自体忙しかったので残業が多かったです。また、休日なのにもかかわらず、講習に行くように言われて休日出勤をすることもありました。

朝は8時50分頃までに準備をしていなくてはいけなかったのですが、病院の鍵を開けなくてはいけなかったので誰よりも早く8時15分~20分頃には着いているようにしていました。休みは週休2.5日で、水日祝日は休みで、土曜日が午前中のみの仕事で午後は休みといった感じでした。

パートでのメリット

プライベートを重視させたい人、育児と両立したい人のためのパートというスタイルのメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

・自宅の近くで働ける
・残業はない(もしくは少なめ)
・未経験OK
・短時間勤務が可能

パートでは自宅の近くのクリニックや調剤薬局など、働く場所が近くにあるので育児と両立しやすいです。また、パートの場合は残業がほとんどなく、子供のお迎えや仕事以外の予定を立てられやすいです。

そして、パートは求人の中でも未経験が可能というケースが多く、正社員では資格や経験が必須としている場合もありますがパートはそれがないところが多いです。午前中のみ、午後のみなど3~4時間程度の勤務も多くあって、勤務時間の調節がしやすいというのもパートの魅力です。

パートでのデメリット

パートのデメリットには、次のようなことがあります。

・賞与、有給休暇は無し
・人員削減の対象となってしまう可能性がある

もしも、体調が悪かったり、子供が風邪を引いてしまって、仕事を休まなければならなくなったときに収入が減ってしまいます。ですが、パートでも有給休暇が得られる場合も中にはあります。6ヵ月間継続して勤務をしていたり、全労働の8割以上出勤しているなどの一定の条件をクリアしている場合には可能です。

そして、まっ先に人員の削減の対象となってしまうのがパート人員です。最近では初めから人件費の削減のねらいで、正社員よりもパートを採用しているところがあるようです。

パートの給料の相場

・相場は時給850円スタート
・経験を積めば、それ以上も
・実務経験がある場合1000円~1200円程度も可能

医療事務のパートの時給は、一般事務とほぼ変わらず850円スタートが相場といえるでしょう。

派遣のメリット

医療機関でも他の職種と同じようにアウトソーシング化が進んでいて、派遣へのニーズは定着化しつつあります。では、派遣社員のメリットはどのような事があるのでしょうか。

・自分の条件に合った勤務先で働ける
・勤務時間、期間を選べる
・短時間勤務が可能
・労使交渉をしてもらえる
・パートより給料は高め

派遣会社へ登録すると自分の希望に合った働く場所を紹介してもらえるので、終了活動が非常に効率的です。勤務先から時間、期間も選べて、医療機関が忙しい時間の午前だけ、レセプト業務の繁忙期だけといった短時間勤務も可能です。

派遣のデメリット

派遣社員のデメリットには次のことが挙げられます。

・交通費などの手当てがない
・契約が更新されなければ仕事は終了

交通費やようよ、退職金がないので正社員と比べるとかなりの差があります。また、契約期間が決まっているので、仕事を続けたいと思っていても派遣の契約期間が更新されなければ終了となってしまいます。

派遣の給料の相場

・平均1000円~1300円程度
・スキルや経験により異なる

一般的に派遣社員の給料は時間給になっています。資格によっては時給1500円程度になる場合もあります。

その他の事務職の平均年収は?

2012年の調査より1

事務職にも医療事務だけでなく、色々な事務職があります。他の事務職は、医療事務と比べるとどのくらいの年収があるのでしょうか。

・秘書/受付→約342万円
・簡易事務→約322万円
・営業事務→約309万円
・一般事務→約293万円

と上記のような結果になっています。やはり、一般事務に対して、秘書や受付の事務は年収も結構跳ね上がります。

2012年の調査より2

・オペレーター→約285万円
・医療事務→約254万円

と医療事務やオペレーターの仕事は他の仕事に比べて年収が低い事がわかります。医療事務は専門的な知識が問われるのに対して意外と他の事務職に比べてしまうと年収が低いようです。

一般事務と大体月収が同じくらいなのではと思ってはいましたが、一般事務の方が年収で見てしまうと多いようです。これでは、アシスタント系の事務職は厳しい状況だといえますよね。今では、正社員として働く人も減ってきているという結果になっていました。

まとめ

医療事務の仕事をしたいと思っている人はたくさんいるかと思います。医療事務は、専門的な知識が身につきますし、資格さえあれば一生この仕事を続けていくことができます。そして、何よりも安定した仕事ではあります。

ですが、医療事務の仕事は給料面からすると、やはり割にあっていない仕事なのかなとも感じます。正直、私が働いていたときは仕事量がとても多かったです。

受付業務、レセプト、看護助手、べシュライバー業務(医師の代わりにカルテを診察中に作成する業務)、雑用…。他にも、医療事務員だけ、休日出勤で講習を受けたり、医療事務員のみ、面談があったりと、看護師と比べてしまうと残業や休日出勤も多く、医師から色々と多い指示をうける事がありました。

そう考えると、仕事内容と給料が割に合わなかったと感じますし、帰宅も9時ころになることも多かったですし、きっと医療事務をしている人は大変な業務が多く、帰宅も遅い割に給料が少ないところが多いのではないのかなと思います。そう考えると、医療事務の月給をもう少し上げて欲しいものだと感じます。

医療事務をするにあたって、メリットやデメリットを踏まえた上で、給料が少なくても安定した職業がよければ医療事務はおすすめできます。私は、給料面では不満が多かったのですが、その他は仕事も多くてやりがいも有りましたし、知識も身につくし、同僚とも仲が良かったのでとても楽しかったです。

なので、引っ越すということがなければ子育てをしながらでも続けたいなとは思うほど魅力を感じていました。医療事務は、やりがいが詰まった仕事だと思います。ぜひ、メリットとデメリットを見比べてみて、自分がやりたい仕事かどうかを判断してみてくださいね。