フリーターの転職活動に強いおすすめ転職エージェントと転職サイト

現在のフリーターの方で、転職活動を始めたいと考えているけれど、どのように活動していけばよいか悩んでいるのではないでしょうか。転職活動自体、就職したい企業に応募し面接や筆記試験を行う、一連の流れについて大きな違いはありません。

しかし、転職活動の際に利用するべきサービスについては、多種多様ですので何を選べばよいか分かにくいです。たとえば転職エージェントと転職サイトは、似ているサービスですが求人の特徴や募集条件、転職のサポート体制などで異なります。

他にも転職サイトの中でも、IT系の求人に特化しているサイトもあれば、建設業界に特化しているサイトもあり、これから転職する業界に合ったサービスを選ぶことも大切です。

ただ、働きながら転職サイトや転職エージェントを探すのは簡単ではなく、なかなか時間を掛けて自分に合ったサービスを見つけることは難しいでしょう。

そんな転職活動にお悩みのフリーターの方に向けて、おすすめの転職エージェントと転職サイトをはじめ、選び方のポイントや注意点についてご紹介していきます。

フリーターの転職活動におすすめの転職サイト

フリーターの転職活動におすすめの転職サイトを、4つ程ご紹介していきます。転職サイトとは、求人の掲載を行っているサービスで、自身で求人を選び応募するの基本です。

また、転職サイトの中には、経験者向けの求人のみを取り扱っているサイトや、未経験者やフリーターの方向けのサイトなどそれぞれ特徴が異なります。

リクナビネクスト

フリーターから正社員などに就職できる転職サイトの1つが、リクナビネクストになります。リクナビネクストは、転職エージェントに近いサービスという点が主な特徴です。転職サイトの中でも求人数が豊富で、業種も多種多様となります。

新規登録後、職務経歴書などもリクナビネクストに登録すると、あなたに合った新着求人を毎週メールでお知らせしてくれます。スカウトサービスと呼ばれる機能で、自身で求人を1つ1つ探す手間がありません。

また、転職エージェントのようにアドバイザーが全ての対応を代行するわけではなく、転職活動に時間を掛かりすぎない点もメリットといえるでしょう。

他にもリクナビネクストは、公式サイトで求人を掲載しているので、自身で1つ1つ求人をチェックしたい方にもおすすめです。

マイナビ転職

マイナビ転職は、求人数の多さが魅力でリクナビネクストと同じく、大規模な転職サイトです。取り扱っている求人の傾向は、大手企業から中小企業まで幅広く業種も様々となっています。業種はたとえば、小売り・医療福祉・美容・企画・建築土木など10種類以上取り扱っているので、特定の業種に絞っている方にも利用しやすいです。

登録方法は、ヤフーアカウントかFacebookのアカウントを活用して登録できます。もし2つのアカウントが無い場合は、マイナビ転職内にて氏名や住所などの基本情報を入力して登録可能です。

求人の探し方は公式サイト内から検索でき、各求人ページから応募ボタンを押して手続きを進めます。簡単に求人検索から応募までできるのが、マイナビ転職のメリットです。

キャリトレ

キャリトレとは、株式会社ビズリーチが立ち上げた転職サイトで、主に20代の転職希望者向けとなっています。
20代の転職希望者を確保したい企業が求人を出しているので、20代のフリーターの方で、キャリアを積みたい場合におすすめのサービスです。

キャリトレの主な特徴は20代向けだけではありません。人工知能が登録者の職務経歴書やスキルなどを分析し、人材を欲している企業と自動でマッチング・紹介してくれるのです。

ですので転職エージェントよりも効率よく、転職活動の求人探しを進めることができます。

具体的には以下のような流れで求人の案内を行います。
1.職務経歴書やスキル、これまで取得した資格などの情報を登録
2.キャリトレのシステムが、各情報を整理・分析し現在募集されている求人と照らし合わせる
3.「スカウト」の場合はシステムが自動で紹介、「プラチナスカウト」の場合は企業側が直接面接等の案内を送る機能
4.案内された求人に応募し、面接試験を実施
5.内定確定、入社手続きに進む

フリーターの転職活動におすすめの転職エージェント

フリーターの転職活動に強い転職関連サービスは、転職サイトよりも転職エージェントに多い傾向もあります。なぜなら、フリーターから正社員や派遣社員などに就職する場合、面接や筆記試験の経験が少ない方に向けて、サポートが必要なこともあるからです。

また、転職エージェントの場合は、フリーター向けのキャリアサポートサービスや、試験対策など幅広いサービスを展開しています。

JAIC

JAICはジェイックと読み、フリーターや業務未経験者・大学中退者などに向けた就職支援サービスを展開しています。いわゆる転職エージェントにカテゴリできます。

一般的に転職サイトや転職エージェントなどを利用して、フリーターや既卒が就職しようとしても50%前後になることが多く、なかなか転職・就職に繋がりにくくなっています。

しかしJAICは、フリーターや既卒の就職率が80.3%と高い数値を記録しているのです。

なぜならただ求人情報を紹介したり、キャリアカウンセリングを実施したりするだけではなく、転職に繋がる丁寧なサポートを展開しているからです。ですので、転職・就職に必要な力を付けた上で、転職活動に臨むことができます。

個別サポートの内容

たとえば以下のようなサービスを展開しています。
・ビジネスマナーの指導
・職務経歴書の書き方
・自分のスキルや合う仕事について整理
・転職活動に関する悩みなどを個別に相談受付
・企業分析(JAIC側がサポート)

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s(マイナビジョブトゥエンティーズ)は、マイナビ転職も運営している株式会社マイナビワークスが展開している転職エージェントサービスです。

サービス名にもある20とは、20代専門の転職エージェントという意味で、特に第二新卒者に合っています。また、20代のフリーターで、関東や関西エリアの転職や就職を希望している場合にもおすすめです。

登録後は転職希望者1人につきアドバイザーがつき、キャリアカウンセリングや面接・筆記試験対策、そして応募手続きまで全て無料で利用できるのも魅力です。また、公式サイトにて、キャリアアドバイザーが紹介されているので、どのような人柄・キャリアなのか確認できます。

初めて転職を行う方に向けて、転職活動の基本からサポートしてもらえるのが強みです。rフリーターの方で、初めて正社員などへの転職・就職を考えている方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

doda

Dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営している転職エージェントサービスで、業務経験者向けの求人を多く取り扱っています。そのため、これまで正社員や派遣社員として、特定の業務経験を積んでいるフリーターの方におすすめの転職エージェントサービスです。

主な特徴ですが、まず求人エリアの範囲が広い点でしょう。転職エージェントサービスの中でも大手ですので、関東や関西以外にも東北や九州エリアの求人も案内しています。

また、転職エージェントサービスの多くは、20代や30代など特定の年代に特化した求人を取り扱っている傾向です。しかしdodaの場合は、年齢制限がないためどの年代のフリーターの方でも登録・応募できます。

このように間口が広いのもdodaの大きなメリットです。

パスキャリ

パスキャリとは、PASSEND株式会社が運営している転職エージェントサービスで、美容関係の求人に特化しています。また、パスキャリは、業界未経験者やフリーターも応募可能なケースも紹介してもらえるのも大きな特徴です。

求人の募集年代は主に20代向けが多く、定期的に美容業界の詳細についてセミナーを開催しています。求人が気になるけれど、悩んでいる方はまずセミナーに申し込んでみるのもおすすめです。

パスキャリは転職エージェントですので、登録後は美容業界に精通しているアドバイザーが担当となり、キャリアカウンセリングやあなたにあった美容関連の求人を紹介します。更に求人を紹介するだけでなく、1人1人に合わせた面接対策や書類作成のフォロー、スケジュール管理までサポートするのです。

20代のフリーターの方で、美容業界への転職を目指している場合は、パスキャリを利用してみるのもいいでしょう。

フリーターが転職エージェントや転職サイトを利用する際の注意点

フリーターが転職エージェントや転職サイトを利用して、転職活動する際の注意点について、いくつかご紹介していきます。

転職サイトには、ハローワークにはない非公開求人もあります。また、転職エージェントの場合は、転職活動を全面的にサポートしてくれるのが魅力です。

しかし、やみくもに登録・応募してしまうと、後悔してしまう結果になりかねません。それぞれの注意点について事前に把握しておきましょう。

求人を探す時は未経験者歓迎の条件付きがないか確認

これまで正社員経験がない場合や、異業種への転職となる場合は求人の募集条件に未経験がないか確認します。

企業側は求人を出す理由は様々で、即戦力となる高いスキルや経験を持った人材が欲しい時は経験者歓迎・資格や経験年数について記載するのが一般的です。

そのためフリーターの中でも、応募企業の業界経験や業務経験がないのにも関わらず経験者歓迎の求人に応募しても、内定をもらうことは非常に難しいでしょう。

一方、未経験者歓迎の記載がある求人は、業界経験のない既卒やフリーターの方も採用してくれる可能性があります。

転職サイトよりもハローワークの方が合っていることもある

ハローワークと転職サイトの違いの1つは、求人掲載が無料・有料といった点です。そのため、一般的に無料掲載のハローワークには、いわゆるブラック企業がコストを掛けずに人材を確保する方法として用いるケースもあります。

しかし、必ずしもハローワークがフリーターの方などにとって、活用メリットのないサービスということではありません。求人検索のタイミングや業種によっては、ハローワークにも優良案件も出ているのです。

また、ハローワークも経験豊富な担当者が付いてもらえば、フリーター向けの転職活動のアドバイスも受けられます。

他にも失業保険を受取るための窓口でもあるため、転職活動を行う人にとって必要な機関です。

ですのでハローワークと転職サイト、どちらも利用しながら転職活動してみるのもおすすめでしょう。

転職サイトや転職エージェントの方が良いケース

ハローワークにもメリットはあります。

ただし、状況によっては転職サイトや転職エージェントの方がいい場合もあります。転職サイトや転職エージェントは、非公開求人も取り扱っていてハローワークよりも豊富です。

そのためハローワークで求人検索をしていたが、怪しい内容しか見つからなかったり求人数が少なかったりといった時は、転職サイトや転職エージェントを利用しましょう。

募集企業の採用実績や評判を確認する

転職エージェントの場合は、アドバイザーが募集企業の担当者と何度か打ち合わせをしていることもあり、職場の雰囲気や内情について教えてくれることもあります。しかし、天将サイトの場合は、求人に記載されている情報以上は分かりません。

そのため転職サイトで応募する場合は、事前に募集企業へ転職・就職した方の口コミや評判について調べてみるのがおすすめです。最近では、様々なサイトで給与・職場の雰囲気・福利厚生といったところを、口コミや点数で情報発信しています。

登録前にサービス概要を確認しておく

転職サイトや転職エージェントは、運営企業の方針によって特化している業種や職種・年齢制限や求人エリアなどが異なっています。

そのため、登録前に自分が転職したい職種やエリアを決めつつ、スキルや資格についても整理しておきましょう。その上で、自分に合った転職サイトや転職エージェントを、選ぶことが大切です。

また、フリーター向けの転職エージェントもあります。こちらの場合は、企業側もフリーターや未経験者を積極的に採用するので、内定をもらいやすいです。ただし、やる気と十分な転職準備活動が必要ですので、将来のビジョンを持った上で動きましょう。

フリーター向けの転職サイトや転職エージェントを選ぶのがポイント

転職サイトや転職エージェントは多数あるものの、経験者や管理職経験者向けなどのハイキャリア系はフリーターの方に合っていません。

ですので、マイナビ転職やJAICなどの、フリーターや既卒者向けの求人も紹介してもらえる転職サイトや転職エージェントに登録するのが基本です。そして、転職サイトは自身が主体となって転職活動したい方に使いやすく、転職エージェントはビジネスマナーや面接対策、求人探しなどもサポートしてもらいたい方におすすめします。

まずは転職したい業種や職種を決めて、該当する業界の求人も取り扱っているフリーター向け転職サイト・転職エージェントを探しましょう。