整体師は国家資格はいらない?必要な知識と技術で開業できる!収入は?

自らも整体で癒された人ならお分かりだと思いますが、整体師の仕事は人に癒しを与え、喜ばれて収入を得らるというとても魅力的な仕事です。施術を受けた人から「これがあるから元気でいられる」なんて言われたら、整体師冥利に尽きると思います。そんな整体師を目指そうとしている人必見の「整体師」について徹底解明します。

整体師になるための必要な資格とは?

肩が凝った、腰が痛いという時に、マッサージを受けたことがある人は多いと思います、でもマッサージやら整体やらカイロやら、詳しく分かって受けている人は少ないかもしれませんね。

整体師とは、関節や骨格の歪みを手足を使って矯正する手技が中心で、整形外科や柔道柔道整復師、あんまマッサージ、指圧、鍼灸などの資格とはまた違うものなのです。

では、整体師に必要な資格とは、どういったもので、どのように勉強して資格を取得できるのでしょうか?整体師の資格や技術について詳しく解説したいと思います。

整体ってどんな仕事なの?

整体とは、読んで字のごとく体を整えるという意味で、東洋において健康術として、昔から伝統的に伝わる医療補完技術ですが、現在では西洋医学以外の治療法の全てを補完代替医療として、分類しています。

鍼灸・整体・気功などの東洋医学や民間療法は、心と体の両面から診て、自己治癒力や免疫力を高める技法として発達しています。では、その整体とは、一体どんな仕事なのかを詳しく説明したいと思います。

整体とは骨格矯正を目的とした手技療法のこと

整体師の行う施術は、主に手技を用いて骨盤や関節の歪みやずれを矯正し、血行やリンパの流れを促し、人間に本来具わっている自然治癒力を引きだす、という考えに基づいています。

また、肩こりや腰痛などのこりや痛みの緩和や、神経痛や自律神経のバランスを整えたりと、整体術での体への健康効果は多岐にわたります。

整体は医業類似行為の一種です

病院で医師が行う診察・診断・治療を医学に基づいて行われるのが医業で、医業類似行為とは、治療や健康管理の為に行う行為ではあるが、医学などの専門知識や技能を必要としないものと定義されています。

例えば腰痛を治療する場合
医業とは、「レントゲンなどの検査や診断をし、手術や医師の指示による投薬などを行うもの」、医業類似行為とは「治療器具の使用、マッサージ、テーピングなどの指示や固定など」にあたります。医業類似行為は、治療の補助療法と言われる人もいますが、正しくは補完医療となります。

医業類似行為にあたる施術には、保険適用されるものと保険適用外にわかれるので、複雑な一面がありますが、保険が適用されるには国家資

格を取得した者がいる「接骨院」や「整骨院」になります。
整体と鍼の違いはどんなところ?

整体も鍼治療も、自己治癒力をアップさせるという目的は同じですが、施術の内容は全く違います。鍼治療とは、体に散らばる不調なツボに鍼を刺し、その刺激が自律神経系や免疫系に作用して、血液やリンパの流れを改善し、自然治癒力を高めるというものです。

鍼には高い鎮静効果があることが特徴で、腰痛や肩や膝などの関節痛に効果が高いとされています。鍼灸院で鍼や灸を行う人は、「はり師・きゅう師」という国家資格を有した人です。

一方整体は、脊椎や骨盤、肩甲骨、四肢などの関節の歪みやズレを矯正し、筋肉や体全体のバランスを整え、血行やリンパの流れを良くして様々な不調を改善するとしています。

整体師とマッサージ師の違いはなに?

間違えやすいのが整体とマッサージについてだと思いますが、正確にはマッサージを行う者の資格は、「あん摩マッサージ指圧師」という名称の国家資格となります。手技の内容は「なでる・押す・揉む・叩くなどの行為」を用いて、体の不調を改善する施術者ということになります。

マッサージ師は国家資格である為に、就職にはとても有利です。医師の同意書があれば保険による治療を行ったり、機能訓練指導員や介護支援専門員の受験資格を受けることもできます。

一方整体は、民間資格なので保険による治療はできませんが、骨格の調整や骨盤調整などが行えるので、独立開業という方法や整体院やリラクゼ―ションサロン、介護でのお仕事も可能となり、別の方向で有利になることもあります。

整体師に求められるスキルとして、施術によりコリを取っり、血行を良くするということが求められるので、有る程度の知識や技術が必要となります。

整体院と整骨院の違い

分かりにくいのが整体院と整骨院の違いですが、「整体院」と「その他の治療院」で分けることができます。

国家資格のある者のいる治療院には「接骨院」「ほねつぎ」「整骨院」などがあり、柔道整復師やあん摩マッサージ師などの国家資格を持つ人が施術を行っていて、ケガによる外傷などの治療を行うことができ、保険治療が行えます。

整体院は、民間資格なので治療はできませんし、保険治療も行えません。整体院では体全体を見て歪みを調整し、コリや血行改善を促し、体調を整えることが目的となります。

整体師の年収はどれくらい?

整体師の収入についてですが、職業情報サイトなどによると、就職先の勤務体系によって個人差がありそうです。整体師の主な勤務先は整体院となりますが、首都圏の整体院の一般的な給与は15万から20万で、年収は200万~300万となっています。

また、リラクゼーションサロンなども就職先の1つですが、リラクゼーションサロンでは、固定給に加えて歩合制を取り入れているところが多くありますので、年収にすると200万から650万と、経験や技術によって個人差が出るようです。

個人で独立開業をする場合は、経営者として整体院を切り盛りしていかなくてはならないので、収入についてはハイリスク・ハイリターンです。

手に職をつけたからと言って安易に独立をするのは危険ですが、技術を学び顧客獲得に自信があり、何より整体師の仕事が自分に合っていると思えば、開業することは可能です。

整体師の資格を取るにはどこで学ぶ?

整体師としての資格を取得するためには、2つの方法があります。通信講座で学ぶ、または学校や養成スクールなどで学ぶのどちらかとなりますが、これについて詳しく説明します。

忙しい人は通信講座を受講する

整体師の資格を取るためには、2つの方法があります。1つは専門学校に通う、もう一つは通信講座を受講して資格を取ります。

整体師に興味は有るけど、現在の仕事や家事のなどが忙しくて学校には行けないという人には、通信講座がおすすめです。通信講座ではDVDなどを活用して、自宅で勉強ができるようになっていますが、整体の手技や実践の勉強のために、数回はスクールへ通うことはどうしても必要になります。

整体は人の体を触る仕事なので、この部分はどうしても外せないでしょう。ですが、学校に通うことを考えれば、はるかに拘束時間は少ないのが魅力でもあります。

専門学校に通う

整体師になる為の専門学校やスクールには、各校によって内容や通う期間は様々です。また整体師だけではなく、スポーツトレーナーや他の資格を組み合わせたコースによっても変わってきますが、整体師のみの資格であれば、3~6ヶ月程度のものが多いようです。

人に対しての施術をする仕事ですので、実習以外にも解剖学や生理学などの、座学の内容が充実したスクールの方が、のちのちの仕事に大きく関わってくるかもしれません。

知識や技術は、施術されるに人にとっても重要視されますので、多くの人に施術をしたい、癒しを与えたいと思う人には、通学の方が確かな知識と技術が学べます。スクールによっては体験講座やセミナーなどを開催していますので、一度見学してみる事をおすすめします。

通信講座のメリットとデメリットはなに?

整体師の資格は通信講座で取得することが可能ですが、通信講座ならではのメリットとデメリットがあるのも否定できません。メリットデメリットを理解した上で、自分にあった勉強方法を選ぶことが大切です。

学校に通うより費用がだんぜん安い

通信講座での資格取得の第一のメリットは、費用が安いところです。専門学校やスクールに比べて、費用はかなり安くなります。整体の通信講座の費用は、数万円から10万円以内で受講できるものが多くあり、費用をあまりかけたくない人には、通信講座はおすすめとなります。

通信講座にも内容には様々ありますので、まずは資料請求をして、内容の確認をしっかりすることが大切です。

時間の有効活用が出来るところが魅力

通信講座のもう一つのメリットは、時間の有効活用が出来るという点です。自分の空いた時間や好きな時間に、自由に学べるというところです。

学校へ通うとなると拘束時間が長くなりますので、仕事をしていたり毎日を忙しく生活している人は学校へは通えませんが、通信講座は自分のサイクルで勉強ができるので、働きながらでも受講することができます。

実践の技術を身につけるのは難しい

ではデメリットについてですが、通信講座での一番のデメリットは、技術を学ぶのが難しいところです。実践方法についてはDVDでの映像で確認し、説明も確かにありますが、実際に人の体は千差万別なので、仕事にできる技術を身につけるという点では、通信講座では難しい面があります。

実践的な技術を体験できない分、学校に通うより技術力や知識の習得には、十分なものは得られないという部分があります。

資格取得後の就職サポートが受けづらい

また、通信講座での資格取得は、就職のサポートが受けづらいという点がデメリットでもあります。

専門学校やスクールであれば、直営店などへの就職や卒業生などの、働く整体院や開業院などへの就職など、学校とのつながりや人脈などによって、就職しやすい状況がありますが、通信講座ではそういったサポートが無いのが、デメリットでもあります。

専門学校のメリットとデメリットはなに?

それでは、学校に通った場合のメリットとデメリットは、どういったものがあるでしょうか?通信講座にはないメリットとデメリットがありますので、まとめてみました。

正確な知識と技術が身に着く

専門学校に通うメリットといえば、施術を行う上での技術や知識について、しっかり学ぶことができるというのが一番のメリットです。整体師に必要な知識を深く学べられ、実践に向けた技術などを正確かつ確実に身につける事ができます。

実績のある講師や技術の優れている講師から、直接指導を受けられることは非常に魅力的でもあり、専門的知識や現場での実践方法などのノウハウを学ぶには、やはり学校に通わないと出来ないことでもあります。

整体師として活躍していけるような環境が整っている

専門学校に通うメリットは、専門知識の豊富な講師はもとより、設備や環境が整えられており、現場さながらの実践感覚で学ぶことが出来ます。様々な症例(症状)に対した施術方法やセミナーなどが開催され、学ぶ意欲のある人には、十分魅力的なカリキュラムを備えているスクールもたくさんあります。

また、就職に関してもスクールの直営店などへの就職サポートがあったり、人脈の広がりや視野を広げるなど、将来性を考えたらやはり学校に通う方が良いと言えます。

通信講座に比べて費用が高額だが、コースは選べる

専門学校やスクールに通うデメリットは、費用面が高くなるというところです。多くは整体だけではなく、カイロやリフレクソロジーなどとセットになったコースが多く、最低でも30万円以上となっているようです。

また整体以外に、スポーツトレーナーや独立開業コースなどの費用は200万以上もする場合もあるので、自分が目指す資格と費用の兼ね合いをみて、学校を決める事が大切となります。

資格取得だけを考えるならば通信講座もありますが、より売れる整体師を目指すならば、しっかりとした技術と知識を学ぶことが大切だと言えます。

整体師は国家資格がいらないの?

整体師になるには、専門学校や整体スクールなどで必要な知識や技術など施術方法を学び、試験を受けて認定資格を取得しますが、これは民間資格であって国家資格ではありません。極端な話、民間の資格なので、国家資格は無くても整体師にはなれます。

とはいっても、全く知識や技術が分からないようでは仕事はできませんし、お客さんも資格の無い人に施術をお願いしようとは思わないでしょう。

資格とはしっかり知識と技術を学んだ証なので、整体師としての看板となりえるものです。就職にも有利になるので、整体師を目指すなら資格は取っておいた方が良いですね。

国家資格は無くても知識と技術は必要

整体師の仕事は、人の健康に関わる業務を担うものです。人の体を触って不調を感じ、改善をするという技術はしっかりとした専門的知識と技術の実践を行わなければ身に着きませんし、そうでなければ適正な整体師としての業務をすることはできません。

学校では、骨格や筋肉についてはもちろんのこと、人体に関する専門的な知識と技術を多く学ぶことが出来ます。整体師の働く現場は整体院だけではなく、リラクゼーションサロンやスポーツマッサージなどの分野でも活躍できますが、専属の整体師などは、より高度な技術と知識が必要です。

また、整体院で働くとしても幅広い知識と技術が認めらることにより、お客様のリピートにつながり、売れっ子整体師として活躍することができるのです。

整体師と間違いやすい資格はどんなもの?

整体師は民間資格ですが、他の資格を含めて一般には「マッサージ」という言葉で、ひとくくりされて表現される為、間違われやすいというのが悩みどころですが、資格にはそれぞれ違いがあります。

柔道整復師は国家資格で保険適用

整体師と間違われやすい資格に、柔道整復師という資格があります。柔道整復師とは国家資格となり、厚生労働省や文部科学省の認可した大学にて、3年以上の勉強をする必要があります。

勉強する内容は、解剖学・生理学・病理学・運動学・公衆衛生学など、人体に関する内容や柔道整復理論や実技の他に外科学、リハビリテーション学など多岐にわたります。接骨院や整骨院の先生は、皆この国家資格を有していて保険治療が適用されます。

あん摩マッサージ指圧師も国家資格で狭き門

もうひとつ整体師と混合しやすい資格に、あん摩マッサージ指圧師と言う資格があります。こちらも厚生労働省・文部科学省の定めた専門学校・盲学校・特別支援学校などの教育機関で、3年以上の勉強と試験に合格することで国家資格として取得できます。

あん摩マッサージ指圧師の養成校は、全国に20校ほどで入学するには狭き門となっています。あん摩マッサージ指圧師の平成27年の受験者数は1,687名となっています。

鍼灸師も国家資格で医師の診断書があれば保険適用

実は「鍼灸師」という資格はありません、「はり師・きゅう師」という別々の資格を両方持った人の事が鍼灸師呼ばれます。

鍼の治療と灸の治療は別々の資格となり、資格を取得するためには、厚生労働省が認可した学校や養成校を修了して国家試験に合格することで資格の取得ができます。「鍼灸院」では、医師の診断書があれば保険治療が適用される場合があります。

整体師の知識や技術は魅力的な仕事です!

世の中には整体院・接骨院・整骨院など、紛らわしほどにたくさんの治療院があります。施術を受ける側としては、何を優先して行く先を決めるのかと言えば、やはり口コミなどによる評判によるものが多いでしょう。

接骨院や整骨院などでの保険治療には様々な制限がありますが、整体師の行う施術には持てる技術を存分に発揮できて、お客様に喜んでもらえるというのも魅力の1つです。その為には、深い知識と高い技術が求められるのも事実ですが、その分やりがいのある仕事です。

興味があれば、まずは自分が整体を体験してみる事から始めるのもおすすめです。あれこれと資料を請求して、自分に合った勉強法で資格取得を目指してくださいね。