「バイトを辞めたい…。」そんな時に知っておきたい5つの辞めるコツとは

バイトを辞めたいと思ったときに、どのような辞め方をしていますか?正直に理由を話しても、なかなか辞めることができない時もありますよね。バイトを辞めるときに使える理由や手段を紹介します。それぞれのメリットやデメリットを知って自分なりの方法で円滑にバイトを辞めましょう!

バイトを辞めたいと思うきっかけとは?

試験や資格の勉強

学生がバイト辞めたいと思うきっかけは、「試験のために勉強に専念したい」「資格取得のために勉強に専念したい」ということが理由になる場合も少なくないようです。学生の本業は、勉強することだと言われています。

そのため、バイトを行うことで成績が落ちるのであれば、辞めたいという気持ちになってしまっても仕方のないことだと考えられています。

このような理由の場合には、バイトを辞めるという選択肢だけではなく、バイトの日数を減らしてもらう、試験や資格の勉強が終わるまで休職させてもらうなどの方法を視野に入れることができるかと思います。

親や学校に認めてもらえない

バイトを始めたけれど、学校や親からバイトをすることに対して同意を得ることができない場合もあるようです。学校によっては「バイト禁止」という校則がある場合もありますよね。この校則を破っていることがバレてしまった場合、停学処分やバイトを辞めなければいけないという指導をされることもあるそうです。

また、未成年がバイトをする場合、親の同意を得ることが労働基準法で定められているようです。そのため同意を得ていない場合、バイトの契約自体が無効になり、辞めなければいけない状況になる可能性もあると考えられています。

仕事が厳しい

社会経験がない人が、軽い気持ちでバイトを始めた事によって「仕事が大変」という理由でバイトを辞めたいと思うようになるケースも少なくないようです。このような理由の場合には、面接のときに「仕事がハードだけど大丈夫?」と聞かれていても、自分が想像していた内容よりもハードだったということが多いようです。

このようなことが原因で「体力がついていかない」「自分にはこの仕事は務まらない」と不安を抱えるようになり、バイトを辞めたいと思うようになると考えられています。

こうした原因で、バイトを辞めたいと思うきっかけにならないように、面接の際には自分が抱えている不安や疑問をお店の人に聞くようにすることが大切だと言われています。

目標を達成したから

バイトを始めるきっかけは人それぞれだと思います。「旅行にいきたいから、◯◯円稼ぐ」「◯◯に必要な資金を稼ぐ」など何かを目的にしてバイトを始める場合も多いようです。このような場合には、その目標が達成することでバイトの必要性を感じなくなり辞めたいと思うようになる可能性が高いそうです。

しかし、このような理由でバイトを辞める場合には、事前にある程度いつ辞めるかなどを把握することができるかと思います。そのため、お店側の迷惑にならないように事前に伝えておくようにすることも必要だと考えられています。

また、サークルや部活に入りたいから、バイトをする時間がなくなる、もっと自分の将来の役に立つ仕事をしたいというような考えから、バイトを辞めるケースも多いようです。

環境の変化

就職や進学によって、環境の変化が変化することも多いですよね。環境が変化することで、今のようにバイトを続けることが難しくなってしまう場合も多いと言われています。このような理由で、バイトを辞めたいという思う場合には、3月頃が目安になるようです。

しかし、中には引越しや就職際の研修などによって早めにバイトを辞めるケースもあるそうです。また、将来就職したい会社がバイト募集などをしている場合には、その会社のバイトをやりたいという気持ちから、今のバイトを辞めるケースもあると考えられています。

「バイトを辞めたい」という時に活用できる7つの理由

体調不良

バイトを辞める際に「家族が体調不良になったから、バイトを続けることができない」と家族の体調を理由にすることも多いようです。自分の体調不良を理由にすることで、「あからさまに元気では?」と疑問を持たれる可能性もあるそうです。

そのため、比較的バレる可能性の低い家族を体調不良にすることで、「それならば仕方がない」とバイトを辞めることができる家族を体調不良にすることが多いと言われています。しかし、このような理由で辞める際には詳しい内容を聞かれるケースもあるそうです。

資格や試験勉強の為

これは受験シーズンに特に使用される理由だと言われています。受験シーズンにこの理由を活用することでバイトを円滑にやめることが出来る可能性が高いと考えられています。将来の為に今のバイトよりも勉強に専念したいと考える人は多いのではないでしょうか?

またこのような理由でバイトを辞めたといった場合、会社の人もそれを引き留めることが難しいようです。そのため、円滑にバイトを辞められる可能性がとても高いと言われています。またこのような理由の場合には、進学のためだけではなく、将来のための資格勉強でも活用することが出来るようです。

引っ越しをする

バイトを辞める時には、親の転勤や引っ越しを理由にすることが出来るようです。「親が転勤することになったから引っ越しをする」「自分が転勤をするから引っ越しをする」というような理由の場合には転勤することで今のバイト先に通勤することが出来ないと伝えるようにしたほうがよいと考えられています。

またこのような理由の場合には、細かく伝える必要はありませんが○○県などと大まかな引っ越し先を伝えるようにしても良いかもしれませんね。遠くに引っ越しをするのなら会社の人も納得してくれるでしょう。バイト先に何時間もかけて出勤してほしいということになる可能性はほとんどないと言えるかと思います。

勤務条件が合わなくなった

勤務条件が自分に合わなくなってしまったと伝えることに抵抗がある人もいるかと思います。しかし、単刀直入に「合わない」というのではなく言い方を工夫するだけで、何も問題なくバイトを辞めることが出来る可能性が高いと考えられています。

バイトを辞める際に、今まで〇時から〇時まで勤務していたけど、家庭の事情でこの時間に働くことが出来なくなってしまったと伝えてみてください。またそのために他の時間帯でバイトが出来るような場所を探していると伝えてもいいかと思います。

ただこのような理由は、場合によっては勤務出来る時間に変更などと言われる可能性もあるので注意をしてくださいね。24時間営業の会社などでは通用しない可能性もあるようです。

本当の理由を伝える

バイトを辞めたいと思った時には、必ず理由があるはずです。上手い言い訳が見つからない時には素直に本当の理由を伝えるようにしてみてください。人間関係が問題である場合には、素直に本当の理由を話すことで問題を解決することが出来るかもしれません。

また本当の理由を伝えて、辞めるという強い意思を持っている場合には会社側もそれ以上の要求をすることが難しいと言われています。素直に本当の理由を話すことはとT目お勇気がいることですが、勇気を持つことで自分の成長にも繋がると考えられています。

親にバイトを辞めろと言われたから

バイトを辞める理由として「親に辞めろと言われたから」という事も活用することが出来ると言われています。理由に親を出すことで会社側の人も引き留めることが出来なくなる可能性が高いようです。また、自分は続けたいと思っていたけどという言うように、好印象を持たせる事も出来るようです。

このような理由を活用する場合には「バイトをしたことで成績が落ちてしまった」「バイトをすることで本業がおろそかになってしまった」などと辞めろと言われた理由も伝えるようにしても良いかもしれませんね。

就職活動が始まるから

これは就職活動が始める時期に活用することが出来る理由だと言われています。近年では就職活動の為に100社以上も面接を受けたりすることもあるようです。このようなことから、これから就職活動をするためバイトの時間を取ることが出来ないと伝えることもあるようです。

また就職活動がやめる理由になれば、会社側も辞めないでほしいと伝えるにくくなるようです。そのため将来のための就職活動を理由にすることでスムーズにバイトが辞めれる可能性が高いと言われています。

バイトを辞める5つの方法

電話

今すぐにバイトを辞めたいと言う時におすすめの方法は電話で伝えるということです。場合によっては相手が忙しくて電話になかなかでることが出来ない可能性もあるので注意をしてくださいね。電話で伝える場合には、相手が忙しくない時間や、迷惑にならないような時間を選ぶことが大切です。

また急にバイトを辞めたいと言って会社に迷惑をかけてしまう事をしっかりと謝罪するようにしてみてください。電話で伝える場合には相手の負担になってしまないように、事前に内容をまとめておき手短にすることを心掛けましょう。

相手が電話に出た場合には、本題に入る前に「今お時間大丈夫でしょうか?」というように配慮することも大切だと言われています。相手が電話に出ない場合でもしつこく電話を掛けるようなことは控えるようにしてくださいね。

メール

バイトを辞める時に、電話や直接あった話をすることが出来ない場合には、メールで伝えるという手段もあるようです。しかし、このような方法はバイトを辞めるマナーとしてはあまり良くないと考えられています。メールで伝えることで自分の考えなどを素直に伝えることが出来るというメリットもあるようです。

またメールで伝える場合には、自分が都合よい時にするのではなく相手に迷惑にならないような時間帯を選ぶように心掛けましょう。いくらメールでも夜中や忙しい時にメールをしてしまえば相手の迷惑になってしまう可能性もあるようです。

メールで伝える場合には、送った内容が残るので文章などは失礼のないように心掛けることが大切だと考え

直接

バイトを辞める際に、いつに辞める予定なのかがはっきりとしている場合には、会社の人に直接伝えるようにしてみてください。直接伝えることで相手の意見などもしっかりと聞きながら話し合って円滑にバイトを辞めることが出来ると言われています。

バイト先にもよりますが、人間関係などが上手くいっていて働きやすい職場である場合には直接伝える努力をすることも大切です。またバイトを辞めるときのマナーとしては直接伝えることが理想だと考えられています。お互い気持ちよくバイトを辞める為にも直接伝えるようにしましょう。

直接言いにくい場合でも勇気を出すということがとても大切になってきますよ。自分が嫌だからと言って楽な方に逃げてしまえば自分の為にもならないと言われています。

バックレる

中には。急にバイトを辞めたくなってしまって「バックレる」という手段を使ったことがある人もいるのではないでしょうか?バックレるという方法は基本的におすすめは出来ません。

何も言わずに急にバイトに来なくなってしまう事で、会社側に迷惑をかけるようになってしまいます。また辞めたのか休んでいるのかわからない状況では、会社も対策をすることが難しくなってしまうようです。

バックレるという方法もありますが、よっぽどのことがない限りこのような方法でバイトを辞めるという手段は使わないようにしたほうが良いでしょう。辞めてしまえば、関係がないというような無責任な辞め方は非常識な行動だと言われています。

人に伝えてもらう

直接時分で辞めるということが出来ない人もいるのではないでしょうか?本来なら自分で最後まで責任を持つことが大切だと言われています。そのため辞める時にも自分で伝えるようにすることが出来るようにしなければいけないと考えられています。

しかし、どうしても自分で伝えることが出来ないという場合には他の人に伝えてもらうという方法もあるようです。バイト仲間に伝えてもらうようにする方法や、親に直接連絡をしてもらうようにする方法などがあると言われています。このような方法でバイトを辞める場合には、間に入っていくれる人の迷惑になってしまわないように注意をするようにしてみてください。

スムーズに辞めることが出来なければ、間に入った人を振り回すようになってしまう可能性もあるようです。自分の事なのでなるべく人に迷惑をかけないように心掛けましょう。

バイトを辞める際にはマナーを守って!!

このようにバイトを辞める際には、さまざまな理由や手段があると考えられています。しかし、理由や手段の中には非常識なものもあります。自分が楽な方へと考えることで非常識になってしまう可能性もあるので注意をしましょう。

バイトを辞めるという事は少なからず会社に迷惑をかけると言われています。そのため辞める際には最低限のマナーを守るようにするよ良いでしょう。